6月6日(土)7日(日)はオリーブマーケット!


夏日となる暑い日もあったり、さらっと爽やかな風が吹いたりと、春から夏への移ろいが楽しい日々です。
6月6日(土)7日(日)の二日間。こもれび通りの三軒長屋でオリーブマーケットを開催します。
今回も素敵な参加者と催しがいっぱい!
6月最初の土日をこもれび通りで楽しんでください〜



----------ストラーダ・ビアンカ会場----------

*Altopascio アルトパッショ
国立旭通りのイタリア料理店 トスカーナパン、イタリアのお菓子を販売。
トスカーナ料理店のシェフが作るトスカーナのお菓子、今回はどんなお菓子が登場するのか楽しみです!

*shimon’s house シモンズ ハウス
幸せを呼ぶと言われる動物たちのアクセサリー。
今回初登場!その正体はなんとクニタチパールハイツマーケットさんなのです。どんなアクセサリーが並ぶのか楽しみです!

*糸へんのものづくり
オリーブ染めなどの草木染めやリメイクの布小物など。
毎回ほんわかとした雰囲気でマーケットを和やかにしてくれる藤井智佳子さん。優しい色合いと手作りの質感をお楽しみに!

*てんとうむし新種発明協会
幸せを運ぶてんとうむしと日本古来の吉祥文様を組み合わせた注染てぬぐいとてぬぐい小物。
これからの季節のお役立ち・てぬぐい日傘もあります!
執筆活動や様々なジャンルで大活躍の林・恵子さん。ジメッとした季節も爽やかにしてしまう明るさに出会いに来てくださいね。


*Petit Bonheur プチ・ボヌール
シルバーと天然石、革などを組合せた手作りアクセサリー。
アクセサリーってディティールも大事。そんな小さなこだわりを作家さんと相談しながらオーダーも出来ますよ。

*中野農園
レタスやズッキーニ、バジル、カーボロネーロ(黒キャベツ)その他にもいろんな減農薬の夏野菜を予定。
いよいよ夏野菜の季節ですね。鮮やかな色どりの野菜たち、お値段もとってもお買い得です!

*La Vita ラ・ヴィータ
ひとくち食べたら、きっと笑顔になれる手作りの焼き菓子たち。マンゴープリンもあります!
頭がさがるほどに、美味しいお菓子を熱心に追求する研究家。真面目さとひたむきさは「美味しい!」の笑顔のため。ぜひご賞味ください。

*ベーカリー・ハース
国立北口の人気のパン屋さん。天然酵母と国産小麦で丁寧に作ったパン。
研究熱心さと誠実さではこちらも!噛む度にじわっと広がる深い味。北口で行列のできるパン屋さん、なかなか買えない幻のパン屋さんの実力をお試しください。

*吉川裕子
絵本から出てきたような陶のオブジェや器。
日本各地で個展活動も忙しい、大人気の吉川さん、新作も並ぶ予定ですよ。

*STRADA BIANCA ストラーダ・ビアンカ
フィレンツェのキッチンクロスが入荷してます。
オリーブの木のキッチン用品と合わせて使うと楽しさもアップ!

-----------アクセサリー・ジェイ会場----------
オリーブマーケットのチラシご持参の方、先着50名様に冊子「真珠の国の物語」をプレゼント!
ジェイさんのこだわりは、なんといっても真珠!
真珠のスペシャリストともいえるショップが真珠の使い方、楽しみ方をとことん伝授します。
猫の特集(アクセサリー等)も気になるにゃ〜!

----------カフェ・れら会場----------
*カフェ・れら
野菜とスパイスをたっぷり使った優しいスープカリーのれらさんではこんな催しが。
チーズケーキを食べながら作品展示を楽しんで、似顔絵書いてもらって、コンサートも聞いちゃいましょう!

・チーズ・ケーキフェア〜
豆腐のチーズケーキ風 by ひとひとて、カボチャのチーズケーキetc.
・地ビール祭り〜テイクアウトもOK(ノン・アルもあるよ!)

*「めぐら」の“ぴーぼー展”(オイルパステル、クレヨン)
“似顔絵も描いちゃいます”
6月6日(土)PM3時〜 お一人様 ¥500

*神崎英美巨のムビラ(ジンバブエの民族楽器)のプチコンサート
6月7日(日)PM4時〜5時
¥1000+ドリンクオーダー
10名様限定に付きご予約お願いします。

6月7日(日)は国立・大学通りでLINK Kunitachiというイベントも行われます。
リレーマラソンやダンスなど、楽しい催しがいっぱいのようですよ!

詳細はLINK Kunitachi HPで
http://kunitachi.link/
author:STRADA BIANCA, category:即売会/イベント, 12:49
comments(0), -
イタリアウィーク始まっています@渋谷Bunkamura




ストラーダ・ビアンカも出展中のBunkamuraにてイタリアウィーク開催中です。



Bunkamura

イタリアウィーク MERCATO ITALIANO

4月29日(水)から5月6日(水)

11:00〜19:00

Bunkamura 1F メインロビーフロア

http://www.bunkamura.co.jp/sp/italy2015/index.html





ボッティチェリとルネサンス フレンツェの富と美 Money and Beauty





Bunkamuraではザ・ミュージアムで開催中の「ボッティチェッリとルネッサンス展」

http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/14_botticelli/index.html







ル・シネマで話題の映画「イタリアは呼んでいる」など、様々なイタリアを楽しむことができます。



http://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/15_italy.html



GWのひとときを、イタリア三昧でお過ごしいただけること間違いなし。

お時間があれば、ぜひお立ち寄りください。
author:, category:即売会/イベント, 14:46
comments(0), -
GWイベント出店のお知らせ@Bunkamura
Bunkamura イタリアウィーク MERCATO ITALIANO



桜の季節から、あっという間に新緑の季節へ。

季節がめぐるのは早いものですね。

気がついたらもうすぐゴールデンウィーク。



4月29日(水)から5月6日(水)までの一週間。

渋谷 Bunkamuraのイタリアウィークというイベントに出店します。

これはBunkamura ザ・ミュージアムで現在も開催中の「ボッティチェリとルネサンス-フレンツェの富と美」という展覧会にちなんで、GW期間中だけ開催されるイベントです。

イタリアにちなんだお店がワゴンで出店します。



Bunkamura

イタリアウィーク MERCATO ITALIANO


4月29日(水)から5月6日(水)

11:00〜19:00

Bunkamura 1F メインロビーフロア

http://www.bunkamura.co.jp/sp/italy2015/index.html



ボッティチェリとルネサンス フレンツェの富と美 Money and Beauty



人手のない小さなお店ですので、なかなか都心のイベントに一週間も出店することは難しいのですが、今回はなんといってもボッティチェリです。

これはもう、ちょっと無理してでも出店しないわけにはいきません。



かつてイタリアに住んだ時、フィレンツェを選んだのは、やはりこの街がルネッサンス発祥の地であり、その美術に魅せられたというのが大きな理由でした。

その中でも私達にとってボッティチェリは特別な存在。もしボッティチェッリの作品がなければ違う街に住んだかもしれません。

ウフィツィ美術館に輝く、ヴィーナスの誕生とプリマベーラという代表作たち。

これらの作品との出会いこそ、この街に住んでみたいと思わせた、最も大きな理由でした。



ルネッサンス(イタリア語ではリナシメント)再生を意味するこの言葉が示すように、この流れは近代へと向かう新たな美の始まりでした。

澄み切った青空のもと一輪の花が咲き出したかのようなその美の出現は、若々しくも鮮烈で、己の目指す美を迷うことなく解き放つものでした。

そんな伸びやかで奔放な姿を最も体現し、輝きを放ったのがボッティチェッリの作品だと思うのです。



ボッティチェッリも、フィレンツェそしてメディチ家の衰退とともに訪れたサヴォナローラの時代には、青年期の輝きを失った暗く重々しい作風に変わっていきます。

青春を謳歌していた春の時代は短く、人間が持つ苦悩の中にボッティチェッリも飲み込まれていきます。

フィレンツェが最も輝いた時代。

その青春の煌きを象徴する作家ボッティチェッリ。

私達にとっては遥かフィレンツェまで招き寄せた存在でもある一人の作家。

今回のイベントのお誘いを受けた時は、なんだか少しだけ不思議な縁を感じざるをえない気もしました。



今回の展覧会には主にボッティチェッリの青年期の溌剌とした美しい作品がラインナップされています。

なかなか海外に出回ることの少ないボッティチェッリの作品ですし、中には個人蔵の貴重な作品も含まれています。5メートル以上の大作フレスコ画もあったりと、ボッティチェリファンにはたまらない内容となっています。

今回の展覧会はMoney and Beautyという副題が示すように、そんなボッティチェリの無垢の美と、銀行業で財をなして繁栄したフィレンツェという背景を組み合わせるといった対比も大きなテーマとなっています。

世界を巡っている大きな展覧会の日本開催でもあり、見応えは十分です。

ぜひこの機会に、フィレンツェ・ルネッサンスの真髄を味わってみてください。



ボッティチェリとルネサンス

フレンツェの富と美

Money and Beauty



Bunkamura ザ・ミュージアム

3月21日〜6月28日

http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/14_botticelli/
author:, category:即売会/イベント, 15:12
comments(0), -
吉川裕子個展@新・じゃらんじゃらんの杜(東小金井)


はじまりはじまりの展示会 吉川裕子 陶展 ーつづきのはじまりのしあわせな日々へー





個展のお知らせです。

国立店に作品を置かせて頂いている吉川裕子さんの個展がもうすぐ始まります。

会場となるのは、この冬まで国立にあって東小金井に移転し、新しくなった「じゃらんじゃらんの杜」です。



じゃらんじゃらんの杜は国立時代から私達も度々お世話になったお店。

セイさんとキキさんの温かい人柄と、いつも手作りの素敵な作品にホンワカさせられました。

今回は場所を東小金井に移して、新たなスタートとなります。

吉川さんの個展は、その新・じゃらんじゃらんの杜のこけら落としとなるようですね。



じゃらんじゃらんの杜といえば、国立でも独特な文化や情報を発信し続けていた貴重な存在でした。

国立から離れてしまったのは、ちょっと残念ですが、東小金井なんて近い場所で新しい出発をされるというのは本当に嬉しい事です。

今回は築数十年という民家を、お客さんと一緒に、まさに手作りでリニューアルされているとか。

国立にあった、あの独特な空気が新しい場所で生まれ変わるのかと思うと、とっても楽しみです。



吉川裕子さんも、今では日本各地で展覧会など大忙しの日々のようですが、古くから縁のあるじゃらんじゃらんの杜のこけら落としとなると、きっと素敵な作品をご用意していることと思います。



はじまりはじまりの展示会

吉川裕子 陶展

ーつづきのはじまりのしあわせな日々へー



2015年4月10日(金)〜27日(月)(火、水、定休)

open:11:00〜19:00木曜のみ〜18:00)

(吉川さんは土日のみ在廊とのこと)



是非お出かけください。









吉川裕子さんのホームページ

吉川裕子 ステキなpiccolo studioの日々

http://piccolo-studio.doorblog.jp/



新しくなったじゃらんじゃらんの杜の情報かこちら!

http://www.geocities.jp/jaranjarannomori/
author:, category:即売会/イベント, 14:34
comments(0), -
kunitachi ゆる市開催中!
kunitachi ゆる市開催中!



ゆる市の初日!

いつものように、朝早くからたくさんのお客様がお見えになっています。

ちょっとだけその様子をご紹介。



こちらが、今回の会場となる旧高田邸。

大正モダンな雰囲気と、昭和初期の木造文化住宅の趣がすばらしいです。

基本和風な中に取り入れられたさりげない西洋文化の香り。和室でありながらも全室にセントラルヒーターが完備され、当時としては最新の設備を備えたまさに文化住宅。

外観も素晴らしいですが、中に足を踏み入れるとなんともいえない、懐かしさと発見がいっぱいありますよ。







入り口入ってすぐにくろねこ軒さん、開店前からすでに行列も。大人気です。





こちらはダイニングだったところかな?

旧高田邸の資料の展示とki-to-teさん、TETOTEさん、徳山久見子さんなどクラフトの作家さんたちの作品が並んでいます。







台所へ向かう通路にはやまもりカフェさんがいい匂い〜

逆光になっていますが、旧高田邸はなんといっても明かりの取り方が素晴らしいのです。

この自然で柔らかい光をぜひ味わってみてください。









二階の子供部屋となっている一室。ここも時間の流れを感じる素敵な空間。

ラマパコスさんとオガサワラマサコさんの作品達が空間にとけ込んでいるような佇まいが印象的です。







向かい側にはたとぱにさん。何ともいえない窓から射す光に包まれてます。

二階にはこのほかにも旧高田邸や高田義一郎氏の貴重な蔵書や資料などの展示もあります。







もどって1回の和室、こちらは畳の部屋になります。

カゴアミドリさんのかごたちも優しい逆光に輝いています。







向かい側にストラーダビアンカとレインドロップスさん。



ちょっと駆け足で、全部の出店者さんをご紹介できませんが、kunitachiゆる市初日の様子はこんな感じです。

今日と明日で入れ替わるお店もありますので、出店者の情報はゆる市のサイトで確認してください。

もう少しでこの建物がなくなってしまうのかと思うと寂しい限りですが、ぜひこの機会に旧高田邸に足をお運びください。





kunitachi ゆる市のホームページはこちらです。

http://yuruichi.exblog.jp/
author:, category:即売会/イベント, 12:59
comments(0), -
今度の週末はkunitachiゆる市
今度の週末はkunitachiゆる市



3月21日(土)・22日(日)の二日間、kunitachiゆる市に出店します。

今回はなんといっても会場が素晴らしいのです。

昭和4年に建てられた通称「旧高田邸」がその舞台となります。



医師でもあり、多数の著書を残した文化人・高田義一郎さんが建てたライト風モダニズムという大正末期から昭和にかけての文化住宅・旧高田邸。

残念ながらこの建物はこの3月をもって解体が決まっています。

その最後の日々を多くの市民とともに心に刻むため、様々なイベントが興されていますが、今回のゆる市もそのひとつ。

大正から昭和に至るモダニズムの気品と、木造文化住宅の持つ親しみある味わいが融合したとても興味深い建物で、国立周辺のユニークなお店や作家さん、もちろん美味しいあの店この店、そんなバラエティに富んだ出店者たちが集まります。



旧高田邸についてはこちらに詳しく紹介されています。



「旧高田邸と国立大学町 〜85年の物語〜」

http://takadagiichirou.tumblr.com



これはもう、絶対に行かなくては!というイベントになりそうです。

いつもたくさんのお客さんで大盛況となるゆる市ですが、今回はまたちょっと特別な日となりそうですね。



第8回:kunitachiゆる市

【日程】

3月21日(土)22日(日)

10:00-15:00



【場所】

旧高田邸/国立市中1丁目13-30



そして今回も素敵な出店者の方々



食べ物・飲み物

・くろねこ軒

・くにたちの食卓いづい★

・やまもりカフェ★

・ひとひとて●

・ベーカリーハース●

・国立コーヒーロースター●

・Will cafe●



古物

・RainDrops★





・たとぱに

・Norbulingka





・Louloudi



雑貨

・ストラーダビアンカ

・ラマパコス★

・テンセン図案●

・musubi●



クラフト

・徳山久見子

・TETOTE

・モリサキ靴工房●

・カゴアミドリ★

・ki-to-te



ワークショップ

・アトリエねじまき



★21日のみ ●22日のみ





週末は旧高田邸でお会いしましょう!

(国立店も通常通り営業しています)
author:, category:即売会/イベント, 15:21
comments(0), -
明日は六本木・ヒルズマルシェに出店します
六本木ヒルズマルシェに出店します



こんな直前になってようやくお知らせ・・・

遅くなってすみません。



明日の3月14日(土)に六本木アークヒルズで開催される「ヒルズマルシェ」に出店します。



ヒルズマルシェ

10:00〜14:00

場所:六本木アークヒルズ/アーク・カラヤン広場

アクセスなどはこちら



なんか大都会の最先端みたいな場所で、ちょっと気遅れしてしまうのですが、頑張って出店しようと思います。

お持ちするのはオリーブのキッチン用品などなど。

お近くやご都合の良い方は、ぜひこの機会に、手にとってオリーブの味わいをお楽しみください。



ヒルズマルシェはマルシェの名の通り野菜などの食品から雑貨まで、自然の味わいや楽しさを味わえる様々な品が並びます。

よりすぐられたユニークな商品から、生産者自らの直売野菜までバラエティに富んだお店が並びますので、お時間があればぜひ遊びに来てください。

お待ちしております〜
author:, category:即売会/イベント, 13:19
comments(0), -
「オリーブ・オイルを楽しむ会」開催しました
tanosimukai

いよいよ「ヴェローニ農場のオリーブ・オイルを楽しむ会」の開催当日がやってきました。

寒さも和らぎ、薄日のさすのどかなお天気となりました。

ご予約いただいた16名のお客様に楽しんでいただけるか、ワクワク、ドキドキ。

アルトパッショさんは、この会のために前日の定休日を返上しての仕込みや店内準備。本当にありがとうございます。



各テーブルには本日のメニューとヴェローニ農場のオリーブ・オイルをご紹介する手作り冊子、そしてオリーブの小枝をセッティングしてお客様をお迎えしました。



まずはアルトパッショ、オーナーシェフの吾妻さんと奥様、そしてスタッフさんのご紹介。

staff



お食事の前に、ペンギン店長からヴェローニ農場のご紹介や、良質のオリーブ・オイルの見分け方などについて少しお話させていただきました。皆様、お腹が空いているところですがスミマセン・・

オリーブ・オイルの品質の違いについては、輸入の安価なブレンドオイル、日本の大手メーカーのオイル、ヴェローニ農場のオイルの3種を食べ比べて頂きました。こうして比較してみることはあまりないと思いますが、実際に食べてみるととその違いが一目瞭然。皆さん「ぜんぜん違う〜!」と実感していただけたようです。





さあお待たせいたしました。いよいよお料理の登場です。

それぞれのお料理について、吾妻シェフからのご説明もありました。

どれもトスカーナのオリーブ・オイルを存分に楽しんでいただくために、トスカーナならではのメニューや素材を思いきり意識した、こだわりのお料理ばかりです。

今日のグラスワインも映画「ジュリエットからの手紙」の舞台になったボルゴ・スコペート農場のもの。やはりトスカーナにこだわっています。



まずはAntipasti 前菜。

鮮魚のカルパッチョ早春の野菜を添えて

真鯛のスライスに彩りのきれいな新鮮野菜、どれもオリーブ・オイルに良く合います。





クロスティーニ3種

塩気のないトスカーナパンに、オリーブ・オイル、フレンツェ風鶏レバーのペースト、カーボロネロをのせた3種類。まさにトスカーナならではの組み合わせです。





続いてPrimi piatti スープとパスタ

スペルト小麦と豆のスープ

深みのある優しい味、スペルト小麦のもちもちした食感が新鮮。しみじみおいしい!





オリーブ・オイルたっぷりのアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ

にんにくと唐辛子のスパゲッティ。さすがシェフの味は違うと納得。





次はSecondo piatto メイン

アリスタ・アッラ・フィオレンティーナ

香ばしい豚肉のローストにじゃがいものローストが添えられています。





オリーブ・オイルをかけたフォカッチャも。

ちなみに、アルトパッショさんではランチタイムにこの美味しいフォカッチャが食べ放題なんですよ!



さらにDolci ドルチェ

ミリアッチョ、バニラアイスのオリーブ・オイル添えの2種

ミリアッチョは、トスカーナの郷土のお菓子。小麦ふすまを使った素朴で滋味豊かなケーキです。

オリーブ・オイルをかけるとバニラアイスも新鮮な味に。





そして最後にエスプレッソ or コーヒー or 紅茶



以上、バラエティ豊かな7種のお料理にワイン、コーヒー。

ヴェローニ農場のオリーブ・オイルを、こんなに美味しいお料理にして頂いてほんとうに嬉しい!

各テーブルのお客様はみな笑顔で、存分に満足していただけたことと思います。お帰りの際に、シェフの手書きイラスト入りメニューをおみやげに差し上げました。





ストラーダ・ビアンカにとっても、アルトパッショさんにとっても、このイベントは初めての試みでした。短い時間でしたが、お客様に喜んでいただけて本当に良かった。

ご参加いただいたお客様、アルトパッショの皆さん、ありがとうございました。




author:, category:即売会/イベント, 19:22
comments(0), -
2/25はオリーブオイルを楽しむ会
2/25はオリーブオイルを楽しむ会



今度の水曜日はいよいよ「ヴェローニ農場のオリーブオイルを楽しむ会」

初めての試みですので、なんとか楽しい催しにしたいといろいろ検討中。

ペンギン店長の頭のなかも、ちょっと沸騰気味です^^;



もちろん主役はアルトパッショ・吾妻シェフのお料理なのですが、これはもう折り紙付きですので何も心配はありません。

トスカーナらしさと、オリーブオイルを楽しめるメニューをご用意いただいています。

今回はランチということもあり、予算もコースで2,000円とリーズナブルさを大事にしていますので、量をガッツリというのではなく、品数を増やして、いろいろな楽しみを味わっていただこうという方向で考えています。



その他にも、ぜひやってみたいなと思うのが「オリーブオイルの食べ比べ」ヴェローニ農場のオリーブだけではなく、その他のいろいろなオリーブと味の比較をしていただこうと思ってます。

上の写真にあるような、比較的どこでも手に入りそうな品物と、シングルエステートのトスカーナ産のオリーブオイルがどう違うのか、確かめていただければと思ってるのですが・・・

これ、わかってる人には罰ゲーム的なものにならないかなと心配しています。

というのも、ヴェローニのオイルが美味しいのは間違いないのですが、日本のオリーブオイル事情はほんとうに問題が多いので、これがエクストラバージンオリーブオイルなのかと疑いたくなるようなものもあります。

比べるにはあまりにも差が大きいし、なにしろ食べたら不味い・・・ので。

でもちょっとしたアトラクションとして、こんな企画も楽しんでいただけたらなと考えています。



他にも、オリーブオイルを楽しむための資料として、ちょっとかわいい冊子も作ってみようと思ってます。

アルトパッショさんからも、シェフ手書きのメニューのご紹介もご用意される予定。

こういうのって、スペシャルなリストランテならではのサービスですよね!!



などなど短い時間でどこまで出来るのか、でもとびきり楽しいランチタイムになるようなおもてなしをご用意できるように、もうひと息がんばります〜!
author:, category:即売会/イベント, 15:46
comments(0), -
オリーブオイルを楽しむ会とスタンプラリー




よく晴れた週末。

国立の空も清々しく、澄んだ空気が心地よいです。

立春を過ぎて、日差しのある時は少し暖かさも感じるようになってきました。

少しずつ、春の足音が聞こえてきそうです。



先日お知らせしました「ヴェローニ農場のオリーブオイルを楽しむ会」が定員を上回る人気で募集を締め切らせていただきました。

最初は、15人集まるのかなあと、かなり不安にスタートしたのですが、思いの外の人気にびっくりです。

これはなんとしても楽しい集まりにしなくては〜

アルトパッショ/吾妻シェフのお料理はもちろん、なにか楽しいひとときをお過ごしいただけるようにしなくては・・・と考え中です。



「国立オトナの器マップ」冬のスタンプラリー



そうそう、国立オトナの器マップ、「冬のスタンプラリー」も絶賛開催中です。

どうも今のところ、冬の季節ということもあり、お客様の数はどうしても少なくなりがちなので、今回はかなり確率高め・・・な予感です。

4店舗を回ってスタンプを完成させれば、かなりの確率で商品がゲットできそうな気もします。

なんてこんなこといっていいのかしらん・・・

お店としては、ちょっと寂しいことですが、まだ一週間ありますので、これからたくさんの方に参加していただきたいと願うところです。

スタンプラリーはお買い物しなくても参加できますので、お気軽にご来店ください。



天気もさわやかな国立を散歩して、小さな春を探してください。

お待ちしております!
author:, category:即売会/イベント, 14:27
comments(0), -
RSS | ATOM | SEARCH