オリーブのキッチン小物のご紹介

 

オリーブのキッチン用品は、カッティングボードだけではありません。

様々な調理道具に加え、お食事やキッチンでの仕事を楽しくしてくれる品々がいろいろあります。

ストラーダ・ビアンカはオリーブのキッチン用品の専門店ですので、こうした小物いろいろ取り揃えています。

 

今回は、どれもイタリア料理には欠かせない小物たちでもあり、日々の暮らしでいろいろに使えるそんな道具たちをご紹介します。

 

チーズおろしはパスタにかけるパルミジャーノを削るのに、無くてはならないもの。箱付きなので、大量に削っても飛び散らないのがいいところ。

 

ピッツァは包丁でも切れるけどやっぱり専用の道ピッツァカッターが、使いやすさも気分も一段上です。

 

そしてこのバターナイフはステンレスの歯がついているので、切ることも出来ます。バターやジャムを塗って、パンやチーズも切って、と朝食にはとっても便利。刃先が丸いので小さなお子さんのテーブルナイフにもぴったりです。こちらのバターナイフは、店頭でお客様が握る度に必ず笑顔になってくれる不思議なもの。その理由は、握ってみるとなんともぴったりと手の中に収まる感触がすごく素敵なのです。

 

切る道具として人気なのはメッツァルーナ。半月という意味のチョッパーは、イタリア伝統の調理道具。最近ではハーブを切るために購入される方が多いです。これからの季節は夏野菜をザクザクとチョッピングしてサラダなんていうのもいいですね。

 

ハーブといえば、こちらの乳鉢。ペスト・ジェノベーゼのバジリコや松の実を潰すのにもぴったりです。ヨーロッパでは大理石の乳鉢も多いのですが、意外と腰や肩に負担が多いので、女性にはオリーブのものがぴったりだといわれています。今なら14cmから16cmまで、サイズも色々選べます。

 

シュガーポットは、名前のとおりお砂糖入れにぴったりですが、我が家では塩入れとして活躍しています。コーヒーや紅茶などにも使えます。こちらのフタを閉めた時の「かぽっ」という可愛い音。使う度にほっこりさせてくれます。

 

エッグスタンドは、使わないひとは全く用がないかもしれませんが、もし半熟のゆでたまごを食べようとしたら、これがなくてはどうにも出来ません。

一度エッグスタンドが見当たらなくて、片手で持ちながらトライしたことがありますが、結局お皿の上にこぼしてしまいました。

 

胡椒挽きも実は隠れた人気アイテム。いつも入荷が少ないのですが、すぐに売れてしまいます。こちらはオリーブの木をくり抜いた木目の美しさと、塊感がなんともいえない佇まいを醸し出します。堅牢なオリーブの木なら永く使って味わいも楽しめます。

 

暮らしを楽しむ道具も、いまでは大抵のものが100円ショップで手に入りますが、実はどれもひとつ持っていれば永く使い続けられるものばかり。

でもそういったものに、なかなか自分の人生を重ねるほどの愛着は湧きにくいものです。

せっかくの人生、毎日を豊かに、暮らしを楽しむためには、小さな道具ひとつでも、お気に入りを見つけることはとても大事だと思います。

 

この他にもいろいろなキッチン小物が揃っています。

ぜひ一度国立店へ足を運ぶか、ネットショップをご覧ください。

 

オリーブのキッチン小物コーナーはこちらです。

http://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1136348&csid=4&page=2

author:STRADA BIANCA, category:オリーブの木の雑貨, 17:00
comments(0), -
Comment









RSS | ATOM | SEARCH