今年最後の営業日

 

慌ただしく過ぎていく年末の日々。
今日でストラーダ・ビアンカの2017年の営業は終了です。

 

昨夜、ようやく我が家はささやかなクリスマスを家族で過ごしました。
今年もたくさんの人びとに支えられ、なんとか新しい年を迎えることができそうです。
この場を借りて、心よりの感謝を申し上げます。

 

度重なる災害や、世界情勢の不安、様々な変化が押し寄せる一年でした。
経済は一向に明るさを見いだせず、小さなお店はどこもかしこも悲鳴を上げながら、なんとかその日その日をやりくりしています。
なにも考えないで明日に希望を抱くことが難しい、そんな重苦しさが常の胸の奥でうずくまっている。
誰にとっても、生きやすい時代ではないようにも思えますが、どんな時代でも笑顔を忘れずに、ひたむきに生きていくことでしか人生を乗り越えるすべはないものです。
そしてこんな時代だからこそ、お互いを見つめる寛容さと優しさこそが毎日の希望の灯火となり、多様で豊かな社会を作ってくれると思うのです。

 

平和の象徴オリーブが、生きる力と希望を与えてくれると信じて、また一年が過ぎて行きます。
この小さな区切りの日々、気持も新たに今年一年を締めくくり、ゆっくりと歩み続けていきたいと思います。

author:STRADA BIANCA, category:日々のつぶやき, 18:04
comments(0), -
Comment









RSS | ATOM | SEARCH