暑い日々


暑い日が続きますね。
イタリアも猛暑のようですが、日本も負けず劣らず暑い・・・
毎年思うのは、年々夏が厳しくなっているような、そんな印象。
実際気象データもそのように変化しているようで、地球規模での変化が起こっているのは事実のようです。
物事は流転する、ということでしょうか。
普通と思っていることは、気がついたら過去の事実でしかなく、状況は刻々と変化しているようです。

国立店の前の、一橋大学の雑木林では、様々なセミが今を盛りに叫んでいます。
真昼の太陽が照りつける時間にはアブラゼミ、夕刻にはヒグラシ、その他にもたくさんのセミがひと夏限りの生命を謳歌しています。
この気温と日差しでは、通りを歩く人もめっきり少なく、お客様のおいでも少ないのが残念ですが、人気の少ないこもれび通りは、実はとても賑やかです。
そんな折、ふと空を見上げれば真っ青な空に白い雲。
夏だな〜と思わず感じてしまいます。

そして思い出したのは一昨年の夏に家族で観に行ったスタジオジブリの「風たちぬ」。
なんとも夏の輝く太陽と風が印象的でした。
時代の波に翻弄されつつ、夢を描いて人生を生き抜こうとする主人公の姿に心打たれたものです。
でもそれは、今の時代にもいえることかもしれません。

当たり前と思って今手にしている平和さえも、もしかしたら変わってしまうのかもしれない。
そんな不安を覚えさせる変化を多くの人々が感じているように思います。
夢をいだき、笑顔に囲まれ、人生が生きるに値すると思わせる喜びに満ちた平和。
私達はそれを追求し、守っていかなくてはいけないと感じる日々です。

「平和は力では保たれない。平和はただ分かりあうことで、達成できるのだ」

そんなアインシュタインの言葉を思い出しました。



などなど、暑い日の雑感。
私達は、平和の象徴オリーブを、これからもたくさんの人びとにお届けしていきたい。
こんな時代だからこそ、オリーブの複雑な木目に刻まれた、豊かさと幸せをお届けできたらと思います。
 

author:STRADA BIANCA, category:日々のつぶやき, 14:10
comments(0), -
Comment









RSS | ATOM | SEARCH