ヴェローニ農場からのメール


ヴェローニ農場からメールによれば、今年のトスカーナは猛烈な猛暑のようです。
連日40度に近い暑さで、市民の健康にも影響がでている模様。
ヨーロッパは日本と違って、気温が上がっても湿度が低いとよくいわれますが、これはやはり地形によるので、フィレンツエなどの盆地は、湿度も高く、暑さは体に堪えます。
今年のヨーロッパは全体に気温が高く、猛暑となっているようです。

そんな気候もオリーブの生育には良いようで、今年はかなり豊作も期待できるとのこと。
これは楽しみですね。
南イタリアで報道されていたウィルス被害も、いまのところ影響なさそうです。

この春の報道では、もうイタリアでは良質なオリーブオイルは採れないんじゃないか、くらいに悲観的な意見も出ていたので、なにはともあれ、ひと安心です。
今年も12月の初頭には、今まさにサンマルティーノの丘で輝く太陽と、トスカーナの風を受けて成長しているオリーブの実が、オイルとなって届きます。
今年の味はどうなんでしょう?
ワクワクしながら、待ちたいと思います。



それにしても、東京も暑いです。
今日も35度以上の猛暑日。
そしてじめ〜っとした空気。

先日の24日は土用の丑の日だったようですが、確かになにかエネルギーの出そうなものを食べないといけないと感じるほど、厳しい暑さが続きます。
とはいえ、最近ではうなぎなんてすっかり庶民の食べ物ではなくなってしまったので、今年も我が家はオリーブオイルで夏をしのぎます。ま、いつものことですが^^;

オリーブオイルはカロリーもしっかりあるので、夏の食が細くなりそうな時期にも健康的にエネルギー補強できます。
暑い夏になる実ですから、太陽のエネルギーをしっかり蓄えています。
まだまだ暑い日は続くでしょうが、体の調子を整えて、厳しい日々を乗り越えていきましょう〜
author:STRADA BIANCA, category:イタリアのこと, 13:54
comments(0), -
Comment









RSS | ATOM | SEARCH