天下市終了
天下市終了、そして今年のオリーブオイル



怒涛のくにたち天下市が終わりました。

初日こそ雨も降りましたが、それでも傘をさした人の波が途切れることはなく、残りの2日は快晴とあって、たくさんの人出で大賑わいの三日間でした。

国立ならではの面白いお店や、美味しいお店が軒を連ねるだけに、延べ40万人ともいわれるお客様の列、歩くのも大変だったかと思われます。

天下市は特別なイベントなので、各店が工夫をこらしたセール品なども並び、お買い得な三日間ではありますが、こうした楽しいお店は普段も国立でそれぞれ個性的な活動を毎日行っていますので、天下市だけでなく、平常の営業日にもぜひ遊びに来ていただきたいと願うところです。

きっと楽しいことが待っているはずです。



同じ中央線沿線でも吉祥寺などに比べると、まだまだ面白いお店がいっぱいあるエリアとしては知名度でもかなわないのかもしれません。

でも、大学通りの広々した並木道や、小路に点在する個性的なお店。

天下市の怒涛の雑踏も楽しいですが、普段のゆったりとした国立のお散歩もぜひ楽しんでいただけたらと思います。



ストラーダ・ビアンカでもオリーブのキッチン用品を中心にたくさんのお客様とお話する機会がありました。

でもまだ「これは何の木ですか?」

「え?オリーブ?」

といった会話も多く、まだまだオリーブの楽しさを知らない人々は多いのだなと思いました。

今回は「オリーブと暮らす」という冊子もどんどん配布しましたので、これでまた少しオリーブについての普及が進めばいいなと願っています。



昨日の国立は祭りの後の静けさ。

華やかなイベントが終わってしまった寂しさもありますが、またいつもの穏やかで明るい国立の姿に戻っていました。

これから大学通りのイチョウも黄色く色づき、美しい秋の並木道の季節。

そしてもうすぐやってくる12月にはクリスマスのイルミネーションも。

四季折々の楽しさも味わえる国立を今後とも宜しくお願い致します!
author:, category:即売会/イベント, 17:16
comments(0), -
Comment









RSS | ATOM | SEARCH