ポーリッシュポタリー入荷しました
ポーリッシュポタリー入荷しました



今日の国立は朝から雨。

先日の豪雨とまではいかないですが、かなりしっかりと降りしきっています。

せっかくの週末が雨だと残念・・・と、こんな週末ですが、ポーリッシュポタリーが入荷しています。



イタリア・トスカーナの品がメインのはずなのに、国立店ではポーリッシュポタリーはなぜか続いて取り扱いしています。

オリーブの木との相性の良さがなんといっても一番ですが、やはりこの製品の品質の良さも大きな理由です。

今回も入荷した商品を並べながら、どの器たちも、人の手が大切に作り出した優しい仕上がりに、ほっこりさせてもらいました。







ひとつひとつが丁寧に時間をかけて手作りされている優しい存在感。

どれも、すこしだけぽってりとした肉厚の感じは、とても丈夫で、使いやすく、気軽に使えることで、毎日の暮らしの中に自然に馴染んでくれます。

最近では北欧の器たちもほとんどがアジア地域での器械による大量生産になってしまい、こうした昔ながらの手作りの技法を用いることは殆どなくなってしまいました。

ブランドやイメージが成功してしまうとありがちなことですが、ちょっと寂しい気もします。

せっかく北欧の有名ブランドの品を手に入れてもMADE IN ASIAと書かれていると、なんだかな?という感はどうしてもぬぐえません。



その点、ポーリッシュポタリーは今も昔から変わらぬ一点ものとして、手作りを守りぬいています。

特徴的なその模様は、今も一つひとつの絵柄のパーツを人の手が、スタンプしています。

フリーハンドの手描きとは少し違うその味わいは、東欧らしい生真面目さの現れにも思います。

一つひとつのパーツをスタンプするその作業は、決して簡単なものではなく、ひとつの器を終えるまでに、どのくらいの時間がかかるのか想像すると、とても根気のいる仕事に思えます。

機械でプリントされた器とは一味も二味も違う、優しい味わいです。







ポーリッシュポタリーならではの、柔らかいフォルムと落ち着いた明るさを放つ色彩、そして模様の愛らしさは、ほんとにオリーブの木との相性もいい感じですよ。

数があるうちにご来店頂き、お気に入りをお探し下さい。
author:, category:ショップからのお知らせ, 12:28
comments(0), -
Comment









RSS | ATOM | SEARCH