トスカーナ・ウンブリア自転車の旅(1)フィレンツェからキアンティへ
cassine

5月6日(金)フィレンツェ のアパートを出発。

約2km走ったカッシーネ公園 にて。ここからいよいよ約2ヶ月の自転車旅行が始まる。まだ人も自転車もピカピカ。



impruneta

5月7日(土)チェルトーザCERTOZA を経てインプルネータIMPRUNETA へ。

ラッキーな偶然、ミッレミリアに出会う。郊外の美しい街の中をクラッシックなレーシングカーが走る。





5月8日(日)インプルネータIMPRUNETA からフィリーネ・ヴァルダルノFIGLINE VAL D'ARNOへ

いよいよキャンティの美しい景色が始まる。




サン・ポッロ・イン・キャンティSAN POLLO IN CHIANTI。薄紫のアイリスが美しい。





5月10日(火)グレーヴェ・イン・キャンティGREVE IN CHIATI へ

そこはガッロ・ネーロGALLO NERO(黒い雄鶏:本物のキャンティクラシコに与えられる名称)の世界





ちょっと疲れたので・・・




この標識からグレーヴェの街。




再びフィリーネのキャンプ場へ戻る。





5月11日(水)
フィリーネ・ヴァルダルノFIGLINE VAL D'ARNO からカブリリアCAVRIGLIAへ

ガヴィーレGAVILE の教会。11世紀の建物。





カブリリアのキャンプ場へ上る坂道。海抜100m以下の所から一気に770mまで上る急な坂道だった。ほとんど乗って進むことができず押して進むが、自転車が重い。





5月12日(木)カブリリアから国立公園を経てラッダ・イン・キャンティRADDA IN CHIANTIへ

ぶどう畑,ファットリア(農場の家)、そしてあちこちに花が咲き乱れる。




道ばたにはいつも花が咲いている。





ラッダ・イン・キャンティ。街は今も中世の趣を変えていない。

12日と13日は残念ながらキャンプ場がなかったので宿に泊まる。





5月13日(金)カステッリーナ・イン・キャンティCASTELLINA IN CHIANTIへ





古い家も手直ししながらいつまでも美しい。





キャンティの丘を進む。





車は少なく、まるで自転車のためのような道。





家の前にも花がいっぱい。





5月14日(土) ラッダ・イン・キャンティRADDA IN CHIANTIからガイオーレ・イン・キャンてィGAIOLE IN CHIANTI を経てシエナSIENAへ





CHIANTI!!!VINO!!!GALLO NERO!!!





ピアネッラPIANELLAという街でジェラートを食べて一休み





シエナへと進む

author:, category:トスカーナ・ウンブリア自転車の旅, 03:21
comments(0), -
Comment









RSS | ATOM | SEARCH