悪玉コレステロールだけをやっつけろ





先日ふとテレビを見ていてコレステロールによる動脈硬化の危険を訴えるCMをみました。

善玉コレステロールはそのままに、悪玉コレステロールを下げましょう、自覚症状がないままでいると、ほら・・・

という内容でした。

これまでもこういったCMはあったのですが、どれも見るたびにちょっと怖い感じですよね。

動脈硬化は普段の生活から気をつけましょうという、警告的な意味もあるので仕方ないのですが・・・



さて、こちらのサイトをご覧の方はすでにご存知だと思いますが、善玉コレステロールはそのままに、悪玉コレステロールだけを下げる。

そんな理想的な食品の代表といえばオリーブオイルです。

他の植物油の中でも群を抜いて大量に含まれているオレイン酸、一価不飽和脂肪酸というこの性質は、善玉コレステロールには作用せず、悪玉コレステロールだけを下げる働きがあります。

一般的なサラダ油であるとうもろこし油やひまわり油ではオレイン酸よりもリノール酸の成分量が高い場合が多く、このリノール酸は善玉、悪玉どちらのコレステロールも下げてしまう性質がありますので、これでは困ります。



この効用から地中海沿岸地域においては、他の地域に比べて圧倒的に心臓疾患が少ないというデータがあります。

このデータにより、かつてアメリカで地中海式食事法としてオリーブオイルが大ブームとなり、以来世界中に広まったという経緯もあります。

健康は、日々の生活習慣から気をつけることが基本。

サプリメントや健康食品よりも、日常の生活で口にする物から、日々の健康をもらうことはとても大事です。

心臓病の多くは、生活習慣と結びついていたり、ストレスなど、まさに現代の厳しい時代ならではの要素も多いのではないかと思います。



オレイン酸の効果もさることながら、なによりも「美味しい」という素晴らしい効用があるオリーブオイル。

お気に入りのオリーブオイルを使ったいつもの食事。

家族で楽しくリラックスして、日々の食卓を囲むことが出来れば、それはきっと効用以上の効果があることまちがいなしですよね。



只今お得な50%OFFセール開催中です!



もっと詳しくオリーブオイルのことを知りたい方は

オリーブオイルの基礎知識
author:, category:オリーブオイルのお話, 17:58
comments(0), -
Comment









RSS | ATOM | SEARCH