ストラーダビアンカという名前の自転車




ネットで偶然見つけたストラーダビアンカという自転車。

HAMPSTENというアメリカの自転車メーカー。

ただそれだけなんですが、サイトをよく見ると自転車のメーカーなのにオリーブオイルを売ってたり、イタリアのツーリングを開催していたり、なんだかちょっと親近感湧いてしまったのでご紹介。



HAMPSTEN CYCLES

http://www.hampsten.com/



最新の技術とちょっと古めかしい自転車らしい味わいのあるパーツのチョイスといい、ここの自転車はどれも素敵でした。

ストラーダビアンカ号は真っ白いフレームの美しいロードバイクでした。

その他のモデルも写真が素敵。

レース専用の高性能モデルというよりは、本当に自転車が好きな人が、ライフスタイルの中にお気に入りの一台を持つためっていう感じのメーカーなのかな。

ツーリングや街乗り、ショッピングにもって感じのラインナップもたくさんあって、どれも性能の高さじゃなくて、自転車の美しさに引きこまれます。

お値段を見ると、ちょっとため息モノですが^^;



このブログでも書いたトスカーナのツーリングは、私達にとっても忘れがたい大切な想い出。

そんなこともあって自転車ってやっぱりちょっと特別な乗り物です。

あの時使った自転車は、すっかりくたびれて、あちこち錆だらけになってしまってますが、今も現役なんですよ。

先日ブレーキが壊れて、自転車屋さんに持って行ったら、もうこの古いパーツは取り扱ってないといわれたりしたのですが、なんとか自分たちで直して今日も走っています。



ずっと昔にたしか俳優さんだったかの言葉で

「心に縁側を持ちなさい」

というのを聞いたのですが、自転車ってどこかそんなゆとりを感じます。

自分の足で、自分の力で、

風や、匂いや、様々な音たちと

自分のペースで走る



そういう感覚を忘れないでいたいものです。



こんな素敵な自転車で、もういちどあのトスカーナの丘を走ってみたいなあ
author:, category:日々のつぶやき, 12:39
comments(0), -
Comment









RSS | ATOM | SEARCH