連載企画「ストラーダ・ビアンカのオリーブな日々」を更新


連載企画「ストラーダ・ビアンカのオリーブな日々」を更新しました。
今回は「2015年ヴェローニ農場のオリーブオイルを楽しむレシピ」です。
今年のオイルはトスカーナらしい、フレッシュな香りとぴりっとスパイシーな味わい。この特徴を存分に、でもとにかく簡単に味わえるメニューをご紹介しています。
レシピというには、あまりに簡単なものばかりですが、まずはこんな感じで今年のオリーブを味わっていただく参考になればと思います。

先日到着して以来、我が家でもいろいろな料理で今年の味を楽しんでいますが、ほんとに今年のオイルは際立っています。
それもやはり、とれたてのこの時期ならではのエッジの立った味わいでもあり、ぜひ多くの人に新鮮なオリーブオイルの味を楽しんでいただきたいと思います。

最近ではネットやスーパーでも、品質の良さそうなオリーブオイルを見かけるようになりました。
なにしろイタリアをはじめ、世界中にはたくさんの良質なオリーブオイル農場があるわけですから、おいしいオリーブオイルも様々です。
それでも気になるのは、立派な包装やラベルであっても生産者のことがよくわからなかったり、間違えやすい表記があったり、収穫時期が書かれていないことや、賞味期限が迫ってきているものなど、品質には問題はなさそうだけど、どこか不正直さが見え隠れする商品が多いことも事実です。
売らんかな、の商売の魂胆ばかりが目について、せっかくの品質がわからないのでは意味が無いのでは、とも思うのですが、悲しいかな日本ではオリーブオイルの位置づけは、まだまだ輸入食品ならではの微妙なところにあるようです。
私達にとってイタリア・トスカーナの、そしてヴェローニ農場のオリーブオイルは絶対に間違いがなく、純粋なトスカーナ産のオリーブオイルですので、これだけあれば充分なのですが、世界中には様々な個性のオリーブオイルがあるので、その楽しみ方もいろいろでしょう。
たくさんの情報や商品が溢れる中、本当に純粋なオリーブオイルの味をその舌で確かめて頂ければと思います。

連載企画
ストラーダ・ビアンカのオリーブな日々
「2015年ヴェローニ農場のオリーブオイルを楽しむレシピ」はこちらです。
author:STRADA BIANCA, category:オリーブオイルの楽しみ方, 17:50
comments(0), -
ヴェローニ農場のオリーブオイルを和食でも
ストラーダ・ビアンカのオリーブな日々「和食でいただく」



更新がなかなか進まない連載企画ですが、ストラーダ・ビアンカのオリーブな日々「和食でいただく」をアップしました。



今年のイタリアのオリーブ不作を受け、ヴェローニ農場のオリーブオイルもその風味は例年とはまた少し違ったデリケートなものとなりましたが、これが良い具合に和食とも楽しめるんです。そんなことをお伝えしたく、簡単にお楽しみいただけるメニューをいくつかご紹介しています。

今回ご紹介したメニューは、それほど斬新さはないですし、どれも手軽に作れるものばかりです。

でも、美味しい良質なオリーブオイルであれば、そんなレシピでも一味も二味もちがうものが出来上がります。

簡単なレシピなので素材なども自由にアレンジできるでしょうし、ぜひお試し頂いて、オリーブオイルのさらなる楽しさを味わっていただければと思います。



先日お知らせしました「ヴェローニ農場のオリーブオイルを楽しむ会」がすぐに満席となってしまったように、オリーブオイルへの関心はとても高いように思います。

でも残念ながら、日本ではまだ本当に良質で素性の明らかなオリーブオイルはそれほど多くはありません。

日本のオリーブオイルに対する規制がヨーロッパの基準ほどしっかり確立されていないので、エクストラバージンと銘打っていても、実態はかなり怪しいものも多く、そういったオイルを食べた方が、オリーブオイルってまずい、私には合わない、と思ってしまうのではないかということがとても心配になります。



ともあれオリーブオイルって本当に美味しい食べ物なんです。

難しいことはともかく、いろいろなお料理にも合わせやすく、楽しみ方は工夫次第で無限に広がる可能性があります。

ぜひ多くの方に、本物のオリーブオイルの美味しさを味わって、そして毎日の暮らしを楽しんでいただけたらと思います。



さてさて、料理研究家でもない私たちのレシピはともかく「ヴェローニ農場のオリーブオイルを楽しむ会」では本場で修行を積んだシェフが腕をふるってくれます。

こちらも楽しいランチタイムになるように工夫していかなくては。

まだまだオリーブオイルの美味しさ、楽しさ、そして豊かさなど、お伝えしたいことはいっぱい。

がんばります〜!



連載企画

ストラーダ・ビアンカのオリーブな日々

「和食でいただく」はこちらから〜

http://stradabianca2.blogspot.jp
author:, category:オリーブオイルの楽しみ方, 12:13
comments(0), -
オリエーラが入荷しました
Bormioli Rocco社のオリエーラ



昨年取り扱っていたLibby社のものがなくなってしまい、ずっと欠品でしたオリエーラ。

あちこち探しまわってようやく見つけたのがこれ、Bormioli Rocco社のオリエーラです。



Bormioli Rocco(ボルミオリ・ロッコ)、あまり聞きなれない名前かもしれませんが、ヨーロッパ、そしてイタリアではとてもポピュラーなガラスメーカーです。

イタリアに行って、バールやレストランでコップを使えば、十中八九はこのBormioli Rocco社製だったりします。

同じような会社にフランスのDURALEXがありますが、それもかつてはBormioli Roccoの傘下にあったりと、大衆的なガラスメーカーとして、もはやヨーロッパではあまりにも普通の存在。

なので、高級品と気取ることもなく、ごくごく当たり前に日常を楽しむオリエーラです。

前回のLibbyはアメリカの会社でしたが、今回はイタリア製というのがちょっと嬉しかったりもします。



しかし、ようやく納得のものが見つかりましたが、オリエーラ探し、なかなか難航しました。

これだけオリーブオイルはたくさんの銘柄が出まわって、すっかり市民権を得たと思うのに、オリエーラに関してはまだまだ日本は発展途上。

どの食器売場に行ってもオイル差し、ドレシングボトルを探してみてもプラスチックの味気ないものばかりで、全然楽しくありません。

醤油差しは、さまざまな陶器のものがありますが、これがオイル差しとなると、ほんとにもう絶望的です。

ただ目的を果たせればいいというのであれば、そんなプラスチック容器でもいいのかもしれませんが、お気に入りのオリーブオイルをそんな容器に移し替えるなんてありえない・・・

そんながっかりを何度も味わいました。



オリーブオイルはそれぞれの銘柄でどれも美しいボトルに詰めて販売されているものが多く、そのままテーブルに出しても素敵ですので、オリエーラの必要性はあまりないのかなあ、とも思うのですが、オリーブオイルの瓶ってほっそり背が高い物が多く、意外とテーブルの上では倒しやすいもののひとつでもあります。

それに中身はオイルですから、どうしても使っているうちにオイルが滴って汚れがちです。

大きな瓶のものであれば、使う度に口を開けるよりは、当面使う分量だけ小分けにオリエーラに移し替えたほうが酸化も進まないのでやっぱりひとつ持っていると便利です。

オリーブオイルにガーリックやハーブなどを入れた自家製のオイルを作るときにも、こういったオリエーラで作ると、使いたい時にさっと出せるので便利です。



今回はひとまず、お手頃価格のガラス製のオリエーラを探していたのですが、本当は陶器のオリエーラも欲しいところ。

できればマヨリカ焼きで可愛いオリーブの絵柄があったら・・・などと思うのですが、そんなもの国内で探すのはたぶん無理。

イタリア行くと、どのスーパーでも普通に売ってるようなものなんですが・・・

本当に欲しいものはやっぱりイタリアまで行く必要がありそうです。

ということで、これは未来への課題とさせてください。



オリエーラというと、オイルの注ぎ口が金属のものがあります。

にゅっとパイプが伸びているタイプです。

使ってみると、なかなか便利だったりもするので、このタイプもあればいいなと思っています。

口金の部分だけは販売しているのを見つけたし、実はオリーブの木のものもあるにはあるのですが、オリエーラがここまで浸透していない国で、果たしてどこまで需要があるのやら・・・と考えあぐねてしまいます。



たかがオリエーラと思っていても、なかなか難しいものです。

以前こちらのブログにも張り付けていたNHKの恋する雑貨のオリエーラの回。

この10/1でもいいから選択肢があればなと思わずにはいられません。









Bormioli Rocco社のオリエーラはこちらからどうぞ〜^^
author:, category:オリーブオイルの楽しみ方, 16:54
comments(0), -
RSS | ATOM | SEARCH