宇都宮 コパン・マルシェに出店します!

 

東京以外のイベントに出るのはこれが初めてです!
栃木県宇都宮市のコパン・マルシェに今度の土曜日、出店いたします。

 

たくさんの手作り作家さん、雑貨屋さん、マッサージなどリラクゼーション、そして美味しい食べ物屋さんなど、およそ100件ほど!ものすごくたくさんの出展者で賑やかになりそうです。
家族で一日ぞんぶんに楽しめるイベントになりそう。

 

まだ現地を見たことはないのですが、写真で見る限りはすごく近代的で大きな展示場のようですね。
なんだかドキドキします。

 

宇都宮方面の皆さま、これまでお会い出来なかった方々にもオリーブの木に触れていただくチャンスです。
ストラーダ・ビアンカのブース番号は27番です。
会場でお待ちしております。


Copain Marche 2016
コパン・マルシェ2016

 

日時:2016年9月24日(土)
   10:30〜15:30
会場:マロニエプラザ大展示場【北】
   木県宇都宮市元今泉6-1-37

 

【コパンマルシェ・ブログ】
http://blog.goo.ne.jp/copainmarche

 

【コパンマルシェ・FBページ】
https://www.facebook.com/events/1531649573796382/

 

【地図】
https://goo.gl/maps/JzWepB9RY4x

author:STRADA BIANCA, category:-, 16:47
comments(0), -
オリーブの丸型まな板、穴あきタイプ追加しました

 

オリーブの丸型まな板 5点、オリーブのまな板穴あきタイプ 4点をネットショップに追加しました。

どちらもキッチンはもとより、テーブルの上で使うともっと楽しいオリーブのカッティングボードです。
手ごろなサイズ感で人気です。
お好みの木目をお選びいただけますので、数あるうちに早めにチェックしてみてください。 

 

 

 

 

暑い夏の陽射しが少し遠ざかり、木もれびから秋の気配を感じるこの頃。
国立店の前の雑木林では、昼はまだ遅く目覚めたセミたちもないていますが、夕方になるとコオロギなど秋の虫の合唱も始まりました。


なんだか夏の間はうだるような暑さもあれば、台風の激しい雨など、毎日厳しい自然の移り変わりに翻弄されながら過ぎていってしまったような気がします。
この秋の始まりも雨が多く、毎日天気予報を気にしつつ、空を見上げる日々です。

こうしていつの間にか移り変わる季節のように、私たちの暮らしの姿も少しずつ変わっていくのでしょう。
毎日同じように繰り返される出来事さえ、めぐる季節のなかで、いつだって新しい表情を見せてくれます。
日々に追われ、いつの間にか過ぎていく時の流れを愛おしく見送りながら、そんな小さな変化を見逃さず、いまを生きる喜びにしたい。
季節の変わり目にはいつも感じる気持ちです。

 

木の道具たちと暮らす楽しみは、そんな移り変わりを一緒に積み重ねていく喜びです。
あの夏の輝きは遠くなっても、今ここにある姿を愛おしむように、少しずつ変わっていく暮らしに寄り添う。
カサついた表面も、すり減った角の表情も、共に同じ時間を分かち合った記憶の証。
それは何よりも大切なもの。

 

新しい商品を並べるたびに、一つひとつの道具たちが、ここからどんな道を歩んでいくのか。
そこにはどんな物語が待っているのか。
ついつい、そんなことも考えてしまいます。

 

さて今回の品物たちに、どんな未来が待っているのか。
静かに、少しだけわくわくして見守りたいと思います。

 

 

オリーブのテーブルまな板はこちらです。
http://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1136348&csid=5

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 16:46
comments(0), -
ファッブリカ・デッラ・パスタの販売を開始

 

本日よりネットショップでもファッブリカ・デッラ・パスタの販売を開始しました。

国立店では約1年前から販売し、大変好評を得ています。


本音を言えば、ストラーダ・ビアンカはトスカーナの食品を販売したく、これまでも数社のトスカーナ産パスタを扱ってきましたが、残念ながら現在日本ではトスカーナ産のパスタの安定供給は難しいようで、なかなか良い商品に出会えずいます。

 

しかしパスタならイタリアはどの地域も自慢のパスタがあり、その中でも「パスタ発祥の地」といわれるまさにパスタの聖地ナポリ・グラニャーノ産なら間違いはないと思い、こちらの商品をラインナップに加えることにしました。

 

乾燥パスタは1500年代の半ば、このナポリ近郊の街、グラニャーノにて初めて商業生産が開始されたとのこと。ここからイタリア各地へとその製法が伝わり、今ではイタリア各地はもちろん、世界中でパスタが作られています。
しかし世界の食品企業がグローバル化の波のなかで、巨大産業となる中、グラニャーノのパスタメーカーは、あくまで家族経営のファッブリカ(工房)の単位で、その伝統の味を守っています。


少量生産で最高品質のパスタを今も作り続けるグラニャーノのファッブリカ。
その伝統とプライドこそ、今もパスタの聖地、真のパスタといわれるグラニャーノ産の価値を守っています。

 

 

ファッブリカ・デッラ・パスタ社は500年前の味をそのままに伝えたいという強いパスタ愛のもと、最高品質のパスタを3世代に渡って作り続けています。
小さな家族経営の工房らしく、一世代前の父親の時代に事業に行き詰まり、一度は撤退を余儀なくされましたが、その息子たちが父のパスタへの情熱の火を引き継ぐために立ち上がり会社を再興しました。そんなパスタへの愛情、父への愛情が、このパスタには込められています。

 

伝統のブロンズダイス製法、長時間低温乾燥のパスタならではのモチモチとした食感と、頬張ると口いっぱいに広がる小麦の香ばしさ。
パスタ好きにはたまらない味わいを満喫できることうけあいです。
是非一度ご賞味ください。

 

また国立店ではこの他にも数社のグラニャーノ産パスタをご用意しています。
トスカーナの塩やスパイス、そしてなんといってもぜひこのパスタで召し上がっていただきたいヴェローニ農場のオリーブオイルも!

 

ストラーダ・ビアンカ ネットショップ
ファッブリカ・デッラ・パスタのコーナーはこちらです。
http://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=217614&csid=2

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 18:17
comments(0), -
連載企画 ストラーダ・ビアンカの「オリーブな日々」を更新しました

 

今世界中で広がっているアマトリチャーナを食べて、イタリア中部地震の復興支援をしようという運動。
国立でも「文流」や「アルトパッショ」といったイタリアンレストランが参加してます。

レストランで食べれば本格的な一皿に出会うことも出来ますし、なにより募金という直接的な行為を行えますのでこれはとっても大事。
でも復興支援にもいろいろな形があっていいと思うのです。


日本の震災時にも、海外の人びとがSNSやブログを通じて、日本への応援のメッセージをたくさん送ってくれました。たとえ小さな力であっても、そうしたメッセージは悲劇から立ち上がる人々の支えになるのでは、そんな気がします。

 

もし世界中のたくさんの人がアマトリチャーナを作ったり、食べたりしている写真やメッセージが、誰かの力になるのだとしたら。
そしてこれをきっかけに、アペニン山脈の小さな街と美味しい心の絆を見つけることができたなら、それはきっと笑顔の連鎖になることでしょう。

 

というわけで、アマトリチャーナってどんな料理?どうしたら作れるの?
そんな疑問にお答えします。
実のところ、「アマトリチャーナ」という名前は知っていても、トマト系のパスタの一種という認識にとどまっている人も多いはず、せっかくなのでこの機会にアマトリチャーナの伝統についても少し調べてみましたので、ぜひご覧ください。

 

連載企画 ストラーダ・ビアンカの「オリーブな日々」
“アマトリチャーナを作って、食べて復興応援”
http://stradabianca2.blogspot.jp/2016/09/blog-post.html

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 15:51
comments(0), -
【商品追加情報】オリーブのまな板/カッティングボード

 

【商品追加情報】
本日、ネットショップにオリーブのまな板/カッティングボード(大)4点、(中)1点、(小)4点を追加しました。


今回はオリーブのまな板/カッティングボード(大)に最大幅24cmという超幅広タイプもはいっています。
なかなかここまで幅のあるものはめずらしく、大きめのオリーブのカッティングボードをお探しの方にはぜひオススしたい一枚です。

 

ここまで面積が大きくなると、重さも1.4kgを超えます。
これだけ立派なオリーブの一枚板です。国立店でもご覧いただけますので、ぜひたくさんの方に手にとってご覧頂きたいと思ってしまいます。
(とはいえ、すべて一点ものなので売れてしまうと…)
目にした時の迫力以上に、手にした瞬間に伝わるずっしりとした感触は、他の木では絶対に味わえないオリーブならではの楽しみです。
数百年の間、オリーブの実を採るために何世代にも渡って大切に守られた貴重な木。
そのみっしりとした密度、さわった時のなめらかで吸い付くような感触。
オリーブの木の楽しみは、見た目の美しさ以上に、手にした時に感じることがたくさんあります。

 

先日のイベントでもお客様にいわれましたが、あまりに美しいオリーブの木目に、なんだか使うのがもったいないとの言葉。
でも、オリーブのキッチン用品はあくまで暮らしの道具です。
新品の美しさも味わい深いですが、やはり日々の生活のなかで変化していく姿もぜひ楽しんでいただきたいと思います。
プラスチック等では絶対に味わえない、時間とともに変化する木製品ならではの味わいが、大切な一日いちにちの積み重ねとともに、味わいを増し、そして愛着も一層深くなることでしょう。

 

オリーブのキッチン用品のまさに代名詞的な存在、そのカッティングボードとぜひ毎日の暮らしをお楽しみください。

 

オリーブのまな板/カッティングボードはこちらです。
http://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1136348&csid=1

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 18:21
comments(0), -
L'albero dell'olivoより、オリーブのキッチン用品が入荷しました!

 

本日L'albero dell'olivoより、オリーブのキッチン用品が入荷しました!


早速、在庫切れでしたオリーブの平プレートと楕円皿を撮影しましたので、ネットショップに掲載しました。
平プレートは全部で6枚、楕円皿は4枚の入荷。
どちらも人気商品なのですが、毎回入荷数が少なくてご迷惑をおかけします。
どうしても、早い者順になってしまうのですが、興味のある方は数のあるうちに、早目のチェックをお願い致します。

 

 

今回は他にもいろいろ入荷しました。
まな板/カッティングボードも、なかなかユニークな形や木目がありました。
オリーブの乳鉢、シュガーポットなど、こちらもしばらく在庫切れだった商品も届きました。
こちらも準備ができ次第、ご紹介していく予定です。


もうしばらく、楽しみにお待ち下さい〜!

 

オリーブの平プレート、楕円皿はこちらです。

・オリーブのうつわのコーナーへ

http://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1136348&csid=2

author:STRADA BIANCA, category:-, 17:20
comments(0), -
イタリア・アマトリーチェでの地震

 

イタリア・アマトリーチェでの地震の情報を連日Facebookでシェアしています。
衝撃の日からおよそ5日ほどたった今、その悲劇の姿も徐々に明らかになるに連れ、どの情報に触れるのも悲しく、辛いものがあります。
それはやはり、東日本のあの震災の時と同じように、最初の衝撃よりも時間が経ってからのほうが辛くなるという、大きな悲劇に直面した人間の感情なのでしょうか。

 

ストラーダ・ビアンカの取引先でもあるヴェローニ農場や、アルヴェロディオリーヴォにも、地震直後に安否確認したところ、どちらからも大きな影響はなかったとの返事を受け取っています。
どちらも大きく見れば中部イタリアにあります。
ヴェローニ農場は、離れてるとはいえ車で3時間ほどの距離。それなりの揺れはあったようです。
そのヴェローニからのメールによれば、被害といえるものは全く無く、今年のオリーブは元気に育っているとのことです。

 

大地は時に大きな悲劇も生みますが、恵みとなる実りも与えてくれます。

 

震災のニュースばかり流していると、どうしてもこちらの気持ちも重くなりがちです。
それでも、この気持を胸に、ここから前に進んでいかなくてはいけない。
それもまた、東日本の震災で私たちが学んだことのひとつです。
命があることの尊さを、それを全うすることの大切さを、今また強く思います。

 

あの震災で日本が世界中から支援を受けたように、私たちもまた、一人ひとりにできることを行っていきたいものです。
遠く離れた外国であっても、そこに気持ちを寄せることは、金銭や物品とは違った支えになるはず。
私たちもまた、彼らが力強く立ち上がるためのエールを送り続けたいと思います。

 

さて、また日本はまた台風がやって来ます。
今回はこれまでに例のない進路で東北地方へ上陸する模様。
今日の東京は朝から雨が降ったり止んだりの一日。時折強烈な晴れ間も現れる移り変わりの激しい天気ですが、今のところ嵐の前の静けさといった様子です。
明日は通勤時間の朝方に強い雨が振りそうですが、午後には通りすぎて晴れマークも出ています。

 

大きな被害が出ないよう、しばらくは台風情報も注意が必要です。
皆様お気をつけ下さい。

author:STRADA BIANCA, category:日々のつぶやき, 17:56
comments(0), -
台風

 

関東地方に台風9号が直撃ということで、朝からすごい雨と風です。


お客様に発送しなくてはいけない荷物もあったので、だいぶ遅くなってしまいましたが、先ほどお店を開けました。
でもこの雨と風では外出するのはちょっと厳しそうですね…

 

写真はこの夏の初めからお店の前のミニガーデンに住んでいるかまちゃん。
どこにいるかわかりますか?

台風の中でも、しっかりしぶとく生きています。
自然のなかで生きるって、本当に厳しいものです。
でも晴れの日もあれば、雨の日もある、それが人生。
みんなそれぞれの命をたくましく生き抜かなくては。

 

関東地方はまだしばらく強風と大雨が続くみたい。
それから北上して、東北や北海道に向かうようです。


連続してる台風によって大きな被害にならないよう願うばかりです。
皆様、お気をつけください。

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 14:14
comments(0), -
サマーセール開催中!

 

サマーセール開催中!
本日より8月31日(水)まで、通常10,000円以上のところを、5,000円以上お買い上げで送料無料となります。

 

オリーブのまな板/カッティングボードですと(小)サイズ1枚から送料無料になります。
また、オリーブのカトラリーやキッチン小物など、比較的少額の商品も通常よりお買い求めやすくなります。

 

オリーブのキッチン用品だけでなく、ヴェローニ農場のオリーブオイルにももちろん適用されます。
毎年人気の純トスカーナ産ヴェローニ農場のエクストラヴァージンオリーブオイルも徐々に在庫数が少なくなりつつあります。
毎年のことですが、やはり250mlのほうがだいぶ少なくなってきました。

500mlのほうが圧倒的にコストパフォーマンスは良いのですが、250mlはギフトにも気軽に使えるところが人気のようですね。
今なら2本ご購入でセール対象になります。
もちろん500mlでも、オリーブのミニスプーンなどを追加するだけで送料無料です。

 

イタリア・トスカーナの素朴な伝統と味わい。
数百年に及ぶ長いオリーブと人々の物語を、ぜひこの機会にお楽しみください。


ストラーダ・ビアンカネットショップへ
http://stradabianca.net

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 12:08
comments(0), -
夏の空

 

8月になって、東京はまばゆい太陽が照りつける暑い日々が続いています。
まさに夏。
そして毎年思うのが、昔の夏もこんなに暑かったのだろうかということ。
ニュースでは熱中症で多くの人が倒れる話を伝える中、もはや日本の夏は、亜熱帯のそれなんではないかと思うほど、厳しいものに感じます。

 

 

でも時代が変われば、熱いと感じる感覚も、きっと変わっていくのでしょう。
8月といえば、今から71年前の日本の夏は、きっともっと暑く、そして厳しい季節だったろうと思います。
ふたつの原爆投下、そして終戦。
経験してないものには到底想像もおよばぬ過酷な日々であったと思います。
その年の太陽は、きっと今よりも激しく輝き様々な想いを照らし出していたのではないかという気もします。

 

 

暑さにはめっきり弱くなってしまいましたが、それでも夏が好きです。
夏といえば空。
毎日空を見上げては、その美しさに心躍ります。

 

 

それはきっと、ずっと昔から続く空です。
様々な想いを抱き、日々暮れる夕焼け。
どこまでも青い空に輝く白い雲。

 

もう同じ過ちを繰り返してはならないと誓った想い。
今こうして、穏やかに空を見上げることのできる平和を噛みしめて、今年の夏も乗り越えていこうと思います。

author:STRADA BIANCA, category:日々のつぶやき, 15:48
comments(0), -
RSS | ATOM | SEARCH