チャンボッタを作りました。

 

先週開催されたのオリーブマーケットから早くも一週間が過ぎてしまいましたが、「ペンギン店長の簡単イタリア料理教室」で作った夏野菜の炒め煮「チャンボッタ」のレシピをご紹介します。カラフルな夏野菜のビタミンカラーは見ているだけで楽しい気分になります。当日は中野農園さんの採れたて野菜とヴェローニ農場のEXVオリーブオイルを贅沢に使って素晴らしい出来栄えに。じゃがいもを入れるのがちょっと意外で美味しいと好評でした。

(出来上がりの写真を撮り忘れてしまいました。上の写真は以前キャンプに行ったときに作ったチャンボッタです。)

 

チャンボッタはイタリア南部のpiatto povero(貧しい農民たちの素朴な食事)の伝統を受け継ぐ、夏の典型的な家庭料理。太陽をたっぷり受けて育った旬の夏野菜と、オリーブオイルを使った簡単でヘルシーなお料理です。前菜にも、魚や肉料理の付け合せにも、そしてパンを添えてこれだけでメインディッシュとしても楽しめる万能メニュー。できたてはもちろん、冷めても美味しいので作り置きをして冷蔵庫に入れておくと便利。翌日は味が染み込んでさらに美味しくなるので、お弁当にもお勧めです。

 

夏野菜の炒め煮は地中海沿いの各地にあります。よく混同されるのがシチリアの伝統料理「カポナータ」。カポナータもナスやセロリ、トマトやオリーブなどを使った炒め煮ですが、ワインビネガーや砂糖を加えた甘酸っぱい味付けです。一方チャンボッタは塩味のみです。どちらかというと南フランス・ニースの郷土料理「ラタトゥイユ」によく似ています。

 

チャンボッタはもともと南イタリアの料理ですが、地方によって、更には家庭によって使われる材料には幅広いヴェリエーションがあります。基本的には、玉ねぎ、じゃがいも、ナス、パプリカ、ズッキーニ、トマトですが、地方によってはソーセージやポーチドエッグ、アスパラガス、そら豆、アーティーチョーク、タラやうさぎなどを入れるところもあるそうです。もともとチャンボッタという言葉の語源が「いろいろな材料のごった煮」という意味らしいので(チャンポン、チャンプルーにも通じる・・・?!)身近な手に入りやすい野菜、冷蔵庫の残り物などお好みのものを使って気軽に作ってみましょう。

 

 

 

〈材料〉(2〜3人分)
にんにく 1かけ
玉ねぎ 1/2個
パプリカ 赤・黄 各1/2個
ズッキーニ 1本
ナス 2個
じゃがいも 中2個
ミニトマト 10個(またはトマト2個)
ダイストマト 200g
バジル
EXVオリーブオイル

黒胡椒

 

〈作り方〉
1.にんにく、玉ねぎは薄切り、ミニトマトは半分に切る。その他の野菜は2cmぐらいの角切りにする。
2.鍋にEXVオリーブオイルを入れて熱し、にんにくを炒め、さらに玉ねぎを炒める。
3.玉ねぎがしんなりしたら、じゃがいも、ナス、パプリカ、ズッキーニの順に入れて炒める。
4.ミニトマトとダイストマトを入れて混ぜる。バジルをちぎり入れ、塩・胡椒を振り、蓋をして15分ぐらい煮る。時々軽くかき混ぜ、水分が少な過ぎるようなら水を足す。
5.出来上がったら器に盛り付け、バジルを飾りEXVオリーブオイルをかけていただく。

 

 

 

author:STRADA BIANCA, category:オリーブオイルを使った簡単レシピ, 14:22
comments(0), -
オリーブの挿し木

 

お休みの日の癒やしは庭仕事。
といってもそんなに広い庭があるわけではないのですが、土や植物に触れるのはとてもいい気分転換になります。

 

只今、オリーブの挿し木に挑戦してます。
オリーブは種から育てることもできるのですが、なかなか発芽が難しいので挿し木で増やすことが多いといわれています。
挿し木の方法も太い枝を使うとか、新しい芽を使うとか、いろいろあるようですし、素人には難易度高めというのでこれまでやったことがなかったのですが、まずはやってみるべし、と思い立ったので実行中です。

 

こうして挿し木で増やしたオリーブの木は、元の木の分身。同じ遺伝子を持つ、そのものが増えていくわけです。
オリーブは自家受粉しないので、2本あってもそれは同じオリーブの木。これだと実はなりません。

トスカーナでは主にフラントイオ、レッチーノ、モライオーロの3種のオリーブの木を畑に植えています。
厳密な話を抜きにいえば、丘一面に広がるオリーブ畑、これ実は元をたどると、生えているのは3本のオリーブの木だということにもなるのです。
植物の世界、農業の世界って、こうした不思議がいっぱいです。

 

さてさて、今回の挿し木たち、果たしてどうなるでしょうか?
根が出るまでには2ヶ月ほどかかるようです。
それまでにすべて枯れてしまうのか、それとも・・・ちょっとドキドキですね。

 

根が出たらみなさんにおすそ分けしたいな〜(^o^)

author:STRADA BIANCA, category:オリーブのこと, 11:18
comments(0), -
今週の土日はオリーブマーケット!

 

7月6日(土)7日(日)の二日間、ストラーダ・ビアンカ、カフェ・れら、アクセサリー・ジェイの三軒長屋で恒例のオリーブマーケットを開催します。
作家さん手づくりのクラフト作品、お菓子やイタリアンのシェフが作ったデリ、農場直送野菜など、素敵なもの美味しいものがいろいろ。「ソーラー女子お掃除ワークショップ」や、ペンギン店長の簡単イタリア料理教室もありますよ。梅雨のジメジメした気分を吹き飛ばしましょう!こもれび通りのてるてる坊主ともども、お待ちしています。

【参加者・イベント内容】

《ストラーダ・ビアンカ会場》

*Altopascio アルトパッショ
国立旭通りのイタリア料理店。焼きたてフォカッチャとシェフ特製のイタリアン・デリを販売します。

*糸へんのものづくり
オリーブ染めのストールと夏の帽子など。
『ソーラー女子のミニおそうじWS』
(7/6(土)11時〜30分くらい)
 
*てんとうむし新種発明協会
てんとうむしをモチーフにした雑貨・てんとうむしと吉祥文様を組み合わせた注染てぬぐい・てぬぐいを使ったバッグや日傘・大人気のてぬぐいパンツもあります。

*Petit Bonheur プチ・ボヌール
シルバーと天然石、革などを組み合わせた手作りアクセサリー。

*中野農園
旬の夏野菜、ブルーベリーなど、農場直送のとれたて野菜がいろいろ。

*La vita ラ・ヴィータ
ひとくち食べたら、きっと笑顔になれる手づくりの焼き菓子たち。

*cotori
旅先で出会ったような物語性のあるイラストや小物などの作品。

*吉川裕子
絵本から出てきたような陶のオブジェや器。

*STRADA BIANCA ストラーダ・ビアンカ
オリーブの木製キッチン用品と、トスカーナ直輸入の有機EXVオリーブオイル。
『オリーブオイルを味わう・簡単イタリア料理教室』(無料)
ペンギン店長の料理実演とご試食
チャンボッタ(夏野菜の炒め煮)を作る予定です。出来上がったらみんなで試食しましょう!
(7/6(土)15:00〜)

《カフェ・れら会場》

*カフェ・れら
「暑い季節のおすすめメニュー!}
スープカリー風味のスパイシーなつけだれのつけ麺。
ミニサラダ&黒米入りおむすび付き ¥1,280 
Facebook cafereraで検索してね!

*「チェルシー洋品店の世界展」
絵を描くように自由に刺繍やコラージュをした作品を制作しています。服や小物、刺繍ブローチ、ビーズアクセサリー等の独創的なチェルシーワールドを御覧ください。
(展示品の一部は予約販売になります)
インスタ 8chelsea8shop
7月6日〜7月一杯展示します。

《アクセサリー・ジェイ会場》

7月末〜8月、夏のコレクション企画中!

「白いニャンコ・黒ニャンコ・銀のニャンコ
3ニャンコでお出迎え」
ビーズの猫と肉球のピアス 
ビーズの色は数色あり
金具・・・チタン、シリコンなどお選び頂けます。


梅雨の晴れ間にオカリナの音色が響くかも・・・?

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 13:55
comments(0), -
「トスカーナ自由自在」配布中です

 

「トスカーナ自由自在」配布中です〜!

 

トスカーナのディープな魅力をお伝えする、通訳・コーディネーター中山久美子さんのセルフマガジンです。
トスカーナには、まだ観光地としてあまり知られていない小さな、でもとても魅力的な村がたくさんあります。
旅行のアテンドでは、通訳にとどまらず、人々の暮らしぶりや、特産品、今も残る伝統的な品々や食品、そしてそこでしか出来ないアクティビティなど、格別の体験を用意してくれます。

 

また、様々な取材や商談、ライティングなど、ビジネスに関連することにも対応してくれるようです。
トスカーナ在住歴20年だからこそ伝えられる、とっても奥の深いトスカーナの魅力。
もし旅行でトスカーナに行く計画があれば、ぜひ一考の価値ありです!

まずはこちらのセルフマガジンを手にして、トスカーナへの夢を膨らませてください〜!

 

「トスカーナ自由自在」FACEBOOK
https://www.facebook.com/toscanacometuvuoi/

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 13:50
comments(0), -
紫陽花散歩

 

台風は通り過ぎたのかな?
今日も曇り空の国立市。
この時期の花といえば紫陽花ですね。
駅から大学通り、そしてこもれび通り、お店の前でも、いろんな形や色で楽しませてくれます。

 

 

特に大学通りは紫陽花に限らず本当に花がいっぱいです。

ジメジメ空気は気持ちよくないですが、気温は低いので歩きながら風を受けると、ふと爽やかさも感じます。

週末も天気予報はぱっとしなようですが、くにたちを散歩して、梅雨空の下に輝く緑と花たちを楽しんでください。


ハリハリは、蕗の傘さしてお待ちしています〜!

 

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 15:40
comments(0), -
ハリネズミの箸置きが入荷

 

かわいいハリネズミの箸置きが入荷しました!

ストラーダ・ビアンカのお店のマークにもなっているハリネズミと、平和の使者である鳩の、かわいい陶の箸置きが国立店に入荷しました。

オリーブの木のお箸との相性がとても良くて、お箸と箸置きのセットでお使いになれば、毎日の食卓がほっこりした空気に包まれて幸せな気分に。


どちらも平和のシンボルであるオリーブと鳩も、素敵な組み合わせ。
大切な方へのプレゼントにもおすすめです。

 

箸置きは2種類。ストーリーテラー、ハーナさんの手づくり作品です。

夢見るはりねずみ 
のんびりお昼寝をしているようなほのぼのとした表情は、よく見ると一つひとつみんな違います。
お気に入りを見つけてくださいね。

空とぶはと 
平和の使者である鳩。おなかの丸い粒は幸せの種だそうです。
「古いスコットランドの昔ばなしに、はとが幸せの種を持って飛んで来て、人々に配り、育てたものは幸福になると言うお話があって、それにちなんだ」とのこと。お箸の転がりどめにもなっています。

 

ハーナさんはストーリーテラーとして子供と大人のためのおはなし会を開催したり、木工作家としても活動されています。物語の中から飛び出してきたような作品、納得ですね。

 

ハーナさんのサイト
https://hanareadastory.wixsite.com/mysite

オリーブのお箸
https://stradabianca.net/?pid=67560147

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 18:03
comments(0), -
帰ってきた100人テルテル

 

関東地方も梅雨に入り、こもれび通りにまた100人テルテルたちが戻ってきました。


この季節のてるてるたちも3年目を迎え、ご近所の方たちにはもうすっかりおなじみの風景となりました。

しとしと雨降りのときも、通りかかる人の心をちょっぴり和ませてくれます。

 

 

今日も梅雨の晴れ間が覗いて爽やかな一日となりそう。大学の雑木林はぐんぐんと枝葉を伸ばし、通りにひんやりとしたこもれびを投げかけています。紫陽花の花も優しい色に染まりはじめました。
お散歩がてら、こもれび通りにちょっと寄り道してみてください。

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 14:05
comments(0), -
オリーブのキッチン用品が入荷しました!

 

オリーブのキッチン用品が入荷しました!
ネットショップにも、オリーブのまな板、うつわなど、用意のできたものから掲載しています。

 

先日のイベントでは、たくさんのお客様といろんなお話をさせていただく機会がありました。
オリーブの木目の美しさに、興味を惹かれていて眺めていただいているお客様に、カッティングボードを持っていただくと、一様に「お〜!」と驚かれるのが印象的でした。

 

オリーブのキッチン用品は、目で見る美しさに加えて、手にしたときにずしりと感じる密度の高い存在感、吸い付くようななめらかな手触りも、他の木にはない大きな魅力です。
これはどうしてもネットでは伝えきれない部分ですので、お店やイベントなどで実物に触れていただければと願うばかりです。

 

木製のキッチン用品も様々な種類があり、オリーブに比べると価格の安いものも多くあります。
安いものの多くは南洋材など成長の早い木ですので、内部に空気を多く含み、持ってみるととても軽いのですが、10cm太くなるのに20年かかるというほどゆっくり育つオリーブは、まるで大理石のようにキメの細かい木質が特徴です。
この密度のため、ほとんど水も染み込まないので、ウレタンやニスなどの塗装をしない天然の木肌のままで、キッチンなど水回りで使ってもグスグスにならず堅牢で長持ちして、ゆっくりと使う手に馴染んでくれます。

 

製品として新品のときのオリーブの木目の美しさは、使い込んでいくに従って、その家族の歴史が刻まれ、より味わい深くなっていくと思います。
木製品はそんな経年変化も、楽しみのひとつ。
使い込んで傷だらけになったり、手の動きに合わせて削れたり、そして何年もの家族の食事が染み込んだ色合いになっていくことが、この道具の使命であり、そして最も美しい姿なのだろうと思います。
新品のときから比べれば、少し古ぼけてしまっても、そんな姿をいつまでも、愛着を持ってお使いいただけたらと願うばかりです。

 

数百年、その実を採るために何世代にも渡って守り続けられたオリーブの木。
平和と繁栄の象徴。
そんなオリーブの道具と、楽しい暮らしを!


https://stradabianca.net/

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 14:05
comments(0), -
今度の日曜は、てのわ市!

 

【てのわ市】に持っていくために発注した荷物がイタリアから届きました!
イベントギリギリの入荷になってしまったので、ネットショップに掲載するのは来週からになりそうです。
お待ちかねの商品も届いていますので、いましばらくお待ち下さい〜!
(そして、やっぱり注文したけど来ないもの・・・ )

 

さて、これから検品したり、いろいろ準備です!
ストラーダ・ビアンカでは、入荷したものを全品検査して、お店に並べるまでに結構いろいろ手をかけます。(一応ここは社外秘(^^;))
オリーブの木のキッチン用品の専門店としての自負もあるし、そして本当のオリーブの魅力を一人でも多くの人に知っていただきたいと思っています。

 

時々ショッピングモールの輸入雑貨屋さんなどに並んでいるオリーブのキッチン用品が、ひび割れていたり、歪んでいたり、すっかり油が乾いてカサカサになっていたりするのを見ると、悲しくなると同時に、これじゃあいけないなあと強く思います。

手にした瞬間、そのオリーブの塊から、そこに何世代にも渡る人々の歴史、トスカーナの大地と風が紡いだ長い時間があることを感じられる存在感を大切にしたいと思うので、ここは手を抜けません。

 

 

 

今回は珍しくパッキングの様子も公開。
L'albero dell'olivoのパッキングは、ダンボールを封するテープ以外、ビニールやエアパッキンなどのプラスチック製品を使わずに、全て油紙で一点ずつ包装してあります。
そして輸送中に壊れないようにと、色々なアイテムを隙間なくきれいに箱詰めします。
もちろん手作業なので、これもけっこう大変なことだと思うのです。
イタリア人って雑なイメージが多いかもしれませんが、手間がかかっても大切なことにはきちんとこだわるんです。
そしてそんなところに、最近の日本人が忘れてしまった温もりを感じたりもするのです。

 

さてさて、イベントは日曜日!
急いで準備しなくちゃ!
それでは、初夏の武蔵国分寺公園でお会いしましょう!

 

https://tenowa.site/tenowaichi/tenowaichi-2/

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 15:31
comments(0), -
イベント出店のお知らせ

 

5/26(日)都立武蔵国分寺公園で行われる野外マーケット「てのわ市」に出店します。
国分寺を中心とした地域のお店やクラフト作家、そしてアーチストたち。
美味しいものや楽しいも、ライブにワークショップ、様々な楽しみが緑豊かな公園に集まる素敵なイベントです。
とっても素敵なホームページがありますので、ぜひそちらで出店者を御覧ください。

 

開催場所の都立武蔵国分寺公園は、日本百名水のひとつといわれる真姿の池、そしてお鷹の道と、国分寺崖線を接した緑豊かな一帯にあります。
崖線を覆う森の中には、絶滅危惧種を含む様々な動植物、昆虫なども住む、東京では貴重なエリアとなっています。

そんな自然豊かな公園で行われるマーケット、絶対楽しいものになるに違いないので、この日曜日の予定はここで決まりですね!

 

第2回 「てのわ市」
2019年5月26日(日)10:30~15:30
(雨天の場合は6/2に順延)
場所:都立武蔵国分寺公園 こもれび広場・野鳥の森

てのわ市 公式ホームページ
https://tenowa.site/tenowaichi/tenowaichi-2/

 

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 16:32
comments(0), -
RSS | ATOM | SEARCH