オリーブのまな板/カッティングボードを追加しました

 

すっきりしない梅雨空が続く日々ですね。
ネットショップにオリーブのまな板/カッティングボード(大)8点、(中)4点、(小)4点を追加しました。

 

オリーブのまな板/カッティングボードは、入荷するたびに品物のバリエーションがいろいろで、前回と同じようなものということがあまりないのですが、今回はずっしりとした重量感と、幅広でがっしりしたものが多くありました。
どれも、これなら一生間違いなく使えるな、そんな頼りがいのあるカッティングボードたちです。

 

木目の美しさについつい目が行きがちですが、毎日キッチンで使うカッティングボードにとって、この頑丈さ、信頼感もとても大切な要素です。
木目は使っているうちに使用感が積み重なっていきます。
そうした経年変化が楽しいのも木製品の味わいのひとつ。
プラスチックでしたら、経年変化=みすぼらしく、ってことになりがちですが、家族の歴史が積み重なったオリーブの姿は、持ち主にとって何よりも大切な思い出が詰まった宝物になるでしょう。
そうしたブロカントを育てる楽しみもぜひ味わってみてください。

 

実は今回入荷分はいつもより少し数も少ないので、木目や形を選びたい方は早めにチェックしてみてください。

 

オリーブのまな板/カッティングボードのコーナーはこちらです。
https://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1136348&csid=1

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 14:55
comments(0), -
オリーブの角型まな板

 

今回の入荷で新しく登場したのがオリーブの角型まな板。
持ち手のないまな板はないですか?
四角いまな板がいいんだけど。
もっと大きなものはないの?
そんなお客様の声にお応えしました。

 

ど〜んとキッチンに置いて、ガンガン使うも良し、テーブルの上でオードブルを盛り合わせるも良し、色々な楽しみが広がりそうです。
これだけ大きさがあれば七面鳥の丸焼きのような巨大な肉料理もどんと乗せてなおかつ周りに付け合せの彩りも思い切り楽しめます。
パーティーの席のテーブルコーディネイトを盛り上げるには最適でしょう。

 

片面は溝つきなので、少々汁の出る料理も気にせず乗せられます。
もう片面は溝なしですので、より広い平らな面積を自由に使うこともできます。

 

まな板としても十分以上に広すぎる面積で、まさに気分はプロフェッショナル。
切るだけでなく、パスタやパン、ケーキの生地をこねたり練ったりも自由自在ですね。
お料理自慢の方も、これがあれば躊躇なく、思い切り料理の腕をふるえそうです。

 

樹齢数百年のオリーブの木そのものといった迫力と存在感。
ぜひ手にとって、その味わいと楽しみを堪能してください。

 

サイズは(大)と(中)の二種類。


今回入荷は4枚だけですので、気になる方は早めにチェックしてください。

オリーブの角型まな板はこちらからどうぞ
https://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1136348&csid=5

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 14:34
comments(0), -
オリーブのキッチン用品が到着しました!!

 

 

お待たせしました〜〜!!
ようやくイタリアからオリーブのキッチン用品が到着しました!!
ロックダウンが段階的にしか解除されていない中、オリーブの木工房がなんとか日本のお客様のために用意した品々が届きました!!

 

新型コロナウィルスの影響は、まさに世界中に及んでいます。
イタリアはその中でも甚大な被害を受けた国のひとつ。すべての都市が封鎖され、人々は食料品の買い出しなど、許可された外出以外は一切禁止。全ての企業やお店などが一切の活動を禁じられました。
日本の自粛政策と大きく違うのは、これらが法律によって、場合によっては罰則もある厳しい都市封鎖だったこと。
およそ2ヶ月続いた息の詰まる期間を経て、5月4日からオリーブの木工房も週2回だけの操業が許可され、今回ようやく私達のもとにオリーブの品々が届きました。

 

品物の準備ができてからも、出荷までもが大幅に遅れて約2週間以上もかかってしまいました。
というのも、ご想像どおり、現在世界中で飛行機はほとんど飛んでいないのです。
それでも物流の波はあるわけで、こうなると荷物たちの飛行機の取り合いです。
いつもイタリアからの出荷を手伝ってくれている輸出会社の担当者から「すまない、今日も飛行機に乗せられなかった・・・」という嘆きの連絡を受ける日々でした。おそらく私達の荷物の量など全体から見れば極小規模なので、大手の荷物が優先されてしまうのは仕方のないところ。
そんな中、担当者さんがついに怒って航空会社にクレームを発して、ようやく日本へ出発することができたというドラマもありました。
この騒動のおかげで、輸出会社の担当者さんとSNSでも友だちになってしまうという思いもよらぬ展開のおまけもありました。

 

まさに世界中が新型コロナウィルスの影響下にあるということを、まざまざと感じる今回の入荷。
ですから到着した喜びはひとしおです。
世界中がこの悲劇の中でほんとに頑張っているんだとしみじみ感じます。

 

さて、今回入荷した品々、平時でもオーダーした全てが揃わないのはいつものことですが、今回はさらにいつもは入ってくる品物も揃いませんでした。でもこれは状況を考えれば仕方のないところ。未着のものは、なるべく早く次のオーダーを組む予定です。

 

そして完売状態だったオリーブのまな板/カッティングボードは先程ネットショップにも掲載しました。
これからオリーブの器、テーブルまな板など、どんどん準備ができたものをアップしていく予定です。
そうそうテーブルまな板は、今回新商品があります!
こちらも準備ができ次第掲載しますので、お楽しみに〜!

 

国立店にもこの週末は、検品の済んだものからどんどん並べていきます。

 

まずはオリーブのまな板/カッティングボードのコーナーはこちらです。
https://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1136348&csid=1

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 16:47
comments(0), -
陶器が入荷しました

 

イタリアとスペインの陶器が入荷しました〜!
ネットショップからもご覧になれます。

 

色鮮やかな器たちはテーブルを明るく華やかにしてくれます。
和食器の渋い味わいも大好きなのですが、南欧の色彩はさりげない日常をあっという間に楽しくしてくれるエネルギーがあります。
眩しいほどに輝く太陽の下、くっきりと浮かび上がる光と影。
限りある生命を力強く生きる命の色彩は、食卓を鮮やかに彩る喜びの歌。
「お家を楽しむ」がキーワードな日々を、きっと楽しくしてくれることでしょう。

 

白い食器に慣れていると、こうした鮮やかな色彩の器はどうも・・・という声を聞いたことがありますが、いえいえ、そういうときこそぜひ一度使ってほしいと思います。
シンプルなセットの中に、ちょっとカラフルな食器があると、ピリッと全体が引き締まり、お互いをグンと引き立ててくれるんですよ。
それに白い食器や渋めの器は盛り付けを考えないと、なんとなく寂しくなりがちですが、こうした器は何も考えず置くだけで絵になってくれる気軽さがあります。
できればそこにオリーブの木の暖かなぬくもりが加われば完璧ですね!
今はオリーブの木のまな板などがほとんど品切れになってしまっていますが、まだ小さいボウルや小鉢などはありますので、こうした組み合わせもぜひ楽しんでみてください。

 

そうそう、オリーブの次期入荷ですが、先日輸出を担当する運送会社から連絡がありました。
今はほんとに飛んでいる飛行機が少ないので、予定を立てるのが難しいようですが、なんとか目星をつけてくれそうです。
今はオリーブを目当てにご来店いただいても、ちょっと残念な状況なので心苦しいのですが、もうすぐです!
世界が少しずつ日常を取り戻すため、まだまだ難しいこの状況をゆっくり穏やかに乗り越えていきましょう。

 

スペイン・イタリアの陶器のコーナーはこちらです。
https://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1493390&csid=0

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 19:18
comments(0), -
くにたちおさんぽマップ

 

ゆる市の縁から生まれた「くにたちおさんぽマップ」ができました。

国立ならではの飲食や物販のお店やギャラリーなどなど、個性的なお店がいっぱい掲載されていて、楽しい情報がぎっしり!
見ているだけでもワクワクします。

 

 

今はまだ緊急事態宣言下ですが、これから少しずつ日常を取り戻す中で、国立の街をお散歩してください。
マップは当店でも無料で配布していますよ!


マップを作ってくれた、たとぱにさん、フジカワエハガキさんありがとうございます〜!

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 14:05
comments(0), -
オリーブたち準備中です!もう少しお待ち下さい!

 

オリーブのキッチン用品が品薄になってきています。
イタリアは5/4から段階的にロックダウンは解除されていますが、工房はまだ週2日しか稼働できていません。
でも少しずつ、私達のオーダーの準備もしているよ、と連絡がありました。

 

ひとまず6月初旬の入荷を目標に動いていますが、まだ不透明な部分もあります。
今は飛行機も船も便数が激減しているので、物流がどこまで機能するのかもわからない状態。
おそらくオーダーしたすべての品は揃わない可能性も高いかな。

 

などなど、まだ心配なことはいっぱいですが、工房も皆元気とのこと、私達も健康的には問題なし。
体も心も元気であれば、この世界的な困難も乗り越えられるはず。
今は難しいことが多くても、きっと良くなるはず。
イタリアでは#andratuttobene(きっと全てうまくいくさ!)というハッシュタグと虹の画像でお互いに励まし合っています。

 

こうして首を長くして待ちわびたオリーブたちが、イタリアから届いたら、そのときはきっと感動するだろうな〜!
イタリアも頑張っています!
私達も頑張りましょう!

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 16:32
comments(0), -
ウィルスと数字

 

5時閉店なので夕焼けを見る機会が増えたことが嬉しいです。

 

ウィルスであるCOVID-19のもうひとつの正体。それは「数字」なんだと最近思いました。
感染者数、検査数、死亡率はもとより、経済損失、収入減、人との距離、支援金、移動自粛率、休業期間、自粛期間、失業率、倒産数、そして様々なお金の話。
ネットでも新聞でもTVでも、メディアで語られるのは、すべて「数字」の話しです。

 

どの数字にも意味があり、とてもとても大事なものだと思うのですが、発表される数字が全て信用できるともいえず、結局のところ、数字の話ばかりではどれもしっくりこないのです。

 

当たり前ですが、私達の暮らしは数字では表せない様々なもので成り立っています。
当たり前ですが、大切な人への愛情を数字で表すことが出来ません。
当たり前ですが、昨日食べた料理の美味しさを数字にすることに大した意味はありません。
そんなことより、愛しているよ、大事だよ、美味しかったよ、そんな簡単な言葉のほうが「数字」よりもずっと心に届くはず。

 

しかしCOVID-19の話では、数字の話ばかり。
おそらく現代社会の最も顕著な情報はすべて数字やデータであり、それをもとに専門知識や科学、そしてAIなどのIT技術がこれからの社会を動かしていくのだろうと思います。盛んに議論されている出口戦略なる指標もまた数字の世界となるでしょう。
でもたぶん、これから私達はその数字の中にある本当に大切なもの、そしてその数字の先にあるものこそ、きちん見据えていかなければ、大切なものを見失ってしまうのではないかという気がします。

 

「ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばん大切なことは、目に見えないんだよ」
星の王子さまの言葉は、いつも優しく私達を諭してくれます。

 

「数字」の持つわかりやすさ、そしてわかりにくさも含め、そこで考えを止めてしまってないけないのだろうと思うのです。
心で見る感覚をお互いに持ち合うことが、人々の友情や信頼を育み社会を作るはず。
今私達が感じているこの社会のギスギスした空気は、そうした心で見る視点の欠如や不足が大きな原因になっているような気がします。
と同時に、多くの人がそうした優しさが見えてこないことに、失望し、傷ついているのではないかと想像してしまいます。
ウィルスが体の正常な機能を壊すように、社会や人々の心もまた蝕まれつつあるという危機感を強く感じてしまいます。

 

この騒動は永遠には続かないでしょう。
しかしウィルスの驚異や、様々な事故や災害、病気、そして争いごと、そんな数々の驚異に私達の生活や命が常にさらされているという事実はこれからも続くでしょう。それは今に始まったことではなく、人類の永遠の課題です。
どれもすぐに答えは出なくても、少しでも良い方向へ向かうため、これからも人々は前を向き続けるでしょう。
そして、この悲劇を超えて、世界は変わるのかもしれません。
きっと変化は必要でしょう。
でもどう変わるべきなのか、それは目前の数字だけでは見えてこない大切なものがあることも忘れたくないものです。
目に見える「数字」の向こうに、心でしか見えない人間らしい希望や未来を見出すことを常の心に留めておきたい、そう感じる日々です。

author:STRADA BIANCA, category:日々のつぶやき, 20:11
comments(0), -
テレビで紹介されました

 

先日放送されました「ぶらり途中下車の旅」ーJR南武線ー
ネットでも見られるようです!
お見逃しの方はこちらでどうぞ〜。
4/18日までです。

 

TVer
https://tver.jp/episode/70608495

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 17:14
comments(0), -
発送が少し遅れています

 

今日はすごい雨。
この雨と風でウィルスなんてぜ〜んぶ吹き飛ばされて、明日はきれいな青空になれば・・・なんて妄想してしまいます。

 

先日は多くの方からテレビ見ましたというお話や反響を聞き、感謝いたします。
風間トオルさんと同じオリーブオイルを使ってる!という喜びの声もあり、おもわず微笑んでしまいました。
風間さんはほんとにお料理がお好きなようで、オリーブのまな板を選ぶのもすごく真剣でした。
そして本当にオリーブの木を気に入っていただけたようで、ご自分で購入、これは演出とかではない感じでした。
いつか、どんな使い方しているのか、見る機会があったら嬉しいですね!

 

でもホント、マスメディアの力ってすごいな〜と思ってしまいます。
放送されてから、ネットでご注文も複数いただきました。
でもこんな時期なのに、ご来店やお問い合わせのお電話も多く、発送業務がちょっと遅れ気味・・・現在なんとか残業して対応してます。
ヤマト運輸さんも、配送が遅延している地域もあるようですので、さらにお届けが遅くならなければいいのですが・・・

 

ストラーダ・ビアンカは小さなお店ですので、アマゾンのような簡易包装でパパっと商品を送るシステムもなく、梱包などもひとつずつお客様のご希望に合わせておこなうので効率が良くないんですよね・・・
注文が少なければ、その日のうちに梱包して発送、翌日お届け、なんてこともできるのですが、いくつか溜まってしまったり、プレゼント用ラッピングが多かったりするとちょっとドタバタしてしまいます。(ラッピングの袋も手縫いなのです)
でもお届けして、箱を開けるところから、お客様が笑顔になっていただけますよう、丁寧な仕事を心がけていますので、まだ届いていない方は、今しばらくお待ちください。


よろしくお願いいたします。

 

 

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 16:19
comments(0), -
通常通り営業しています

 

明日強く抱きしめるために、今日は離れていよう
“Rimaniamo distanti oggi per abbracciarci più forte domani”
―イタリア・コンテ首相

 

極右に左派、ポピュリズム入り乱れる混迷のイタリア政府ですが、厳格な自宅待機命令の際に首相がこんな言葉を用いるのもイタリアらしいです。
政治家の言葉としての生々しさはおいといて、今私達が胸にとどめておくべきいろいろなことが表されているように思いました。

 

ストラーダ・ビアンカは通常通りお店を開けています。
こんな時期ですので、ぜひお出でくださいとはいえません。
私達のような小さなお店をやっている自営業は、これがなくなると生活も成り立たなくなるので逡巡しつつも営業を続けています。

 

ドアノブなどお客様の手が触れるところは毎日消毒しています。
ドアや窓を開けて換気もしています。
なるべく接客の際はマスクをするようにしています。(時々間に合わなくなることありますが…)
オリーブオイルの試食も、ご理解を頂いてから行っています。(まだお断りされた方はいらっしゃいませんが…)

 

例年だと桜のこの時期は、多くの人で賑わう国立も、やはり人出は少ないです。
一橋大学の新入生たちの歓声も聞こえません。
春の日差しの中、誰も来ない店内を眺めているのは寂しい気持ちもしますが、今は困難を耐えるしかないのでしょう。

 

イタリアのオリーブの木工房やヴェローニ農場とも連絡を取り合っていますが、今のところ感染被害はないようです。
今は相当に困難な状況にある、彼らの応援のためにも、私達はこの商品を売らなければと感じています。

 

もし何かの御用で国立へお越しの際、お立ち寄りいただければ、オリーブの木の優しさに癒やされてください。
もちろんネットショップも通常通りですので、お出かけが難しいときは迷わずこちらをご利用ください。
この厳しい状況でも商品を運んでくれる流通業者の方々に感謝しつつ、お品物をお届けします。

 

 

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 15:17
comments(0), -
RSS | ATOM | SEARCH