台風

 

関東地方に台風9号が直撃ということで、朝からすごい雨と風です。


お客様に発送しなくてはいけない荷物もあったので、だいぶ遅くなってしまいましたが、先ほどお店を開けました。
でもこの雨と風では外出するのはちょっと厳しそうですね…

 

写真はこの夏の初めからお店の前のミニガーデンに住んでいるかまちゃん。
どこにいるかわかりますか?

台風の中でも、しっかりしぶとく生きています。
自然のなかで生きるって、本当に厳しいものです。
でも晴れの日もあれば、雨の日もある、それが人生。
みんなそれぞれの命をたくましく生き抜かなくては。

 

関東地方はまだしばらく強風と大雨が続くみたい。
それから北上して、東北や北海道に向かうようです。


連続してる台風によって大きな被害にならないよう願うばかりです。
皆様、お気をつけください。

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 14:14
comments(0), -
サマーセール開催中!

 

サマーセール開催中!
本日より8月31日(水)まで、通常10,000円以上のところを、5,000円以上お買い上げで送料無料となります。

 

オリーブのまな板/カッティングボードですと(小)サイズ1枚から送料無料になります。
また、オリーブのカトラリーやキッチン小物など、比較的少額の商品も通常よりお買い求めやすくなります。

 

オリーブのキッチン用品だけでなく、ヴェローニ農場のオリーブオイルにももちろん適用されます。
毎年人気の純トスカーナ産ヴェローニ農場のエクストラヴァージンオリーブオイルも徐々に在庫数が少なくなりつつあります。
毎年のことですが、やはり250mlのほうがだいぶ少なくなってきました。

500mlのほうが圧倒的にコストパフォーマンスは良いのですが、250mlはギフトにも気軽に使えるところが人気のようですね。
今なら2本ご購入でセール対象になります。
もちろん500mlでも、オリーブのミニスプーンなどを追加するだけで送料無料です。

 

イタリア・トスカーナの素朴な伝統と味わい。
数百年に及ぶ長いオリーブと人々の物語を、ぜひこの機会にお楽しみください。


ストラーダ・ビアンカネットショップへ
http://stradabianca.net

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 12:08
comments(0), -
夏の空

 

8月になって、東京はまばゆい太陽が照りつける暑い日々が続いています。
まさに夏。
そして毎年思うのが、昔の夏もこんなに暑かったのだろうかということ。
ニュースでは熱中症で多くの人が倒れる話を伝える中、もはや日本の夏は、亜熱帯のそれなんではないかと思うほど、厳しいものに感じます。

 

 

でも時代が変われば、熱いと感じる感覚も、きっと変わっていくのでしょう。
8月といえば、今から71年前の日本の夏は、きっともっと暑く、そして厳しい季節だったろうと思います。
ふたつの原爆投下、そして終戦。
経験してないものには到底想像もおよばぬ過酷な日々であったと思います。
その年の太陽は、きっと今よりも激しく輝き様々な想いを照らし出していたのではないかという気もします。

 

 

暑さにはめっきり弱くなってしまいましたが、それでも夏が好きです。
夏といえば空。
毎日空を見上げては、その美しさに心躍ります。

 

 

それはきっと、ずっと昔から続く空です。
様々な想いを抱き、日々暮れる夕焼け。
どこまでも青い空に輝く白い雲。

 

もう同じ過ちを繰り返してはならないと誓った想い。
今こうして、穏やかに空を見上げることのできる平和を噛みしめて、今年の夏も乗り越えていこうと思います。

author:STRADA BIANCA, category:日々のつぶやき, 15:48
comments(0), -
オリーブのまな板/カッティングボードを追加

 

【商品追加情報】
ネットショップに、オリーブのまな板/カッティングボード(大)5点、(中)2点、(小)5点を追加しました。

 

いよいよ夏本番、強い日差しが照りつけてきました・・・
今年は猛暑になるとの予報もあり、ちょっと心配です。

 

路面店では雨が降ればお客さんは来ないし、晴れても猛暑になればやっぱり・・・
路地裏でひっそり構える小さなお店にとっては、天気の様子は悩ましいものです。
ネットショップでは、雨に濡れたり、大汗をかく心配もなくお買い物できますので、お時間のあるときにぜひご覧ください。
オリーブのまな板/カッティングボードは一枚ずつ木目を見ながらお選びいただけます。

 

今回は1.2kgを超えるカッティングボードが2枚ほどありました。
重さは数字ではお伝え出来ても、やっぱり実際に持ってみないとなかなか伝わりにくいものです。
ネットショップで販売しているものは、国立店でもご覧いただけます。
トスカーナの大地で、何世代にも渡る人々と、自然が作り上げた豊かな物語の、その重みをぜひ実際に手にとって感じて頂ければと思います。

 

さて夏本番、青い空には大きな入道雲。
まばゆい太陽は地球のエネルギー。
暑さに負けないで、今年の夏を楽しみましょう!

 

そうそう、オリーブのまな板/カッティングボードのコーナーはこちらです。
http://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1136348&csid=1

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 16:38
comments(0), -
こもれび通りのポケモン

 

ポケモンGO!、もはや社会現象化していますね。
お店をしていると、街の中の人々の動きや流れはやっぱり気になりますが、ここ数日、老いも若きもスマホ片手にポケモン探しに夢中になっている姿の多いこと多いこと・・・
これはもうほんとうに驚きです。

 

というわけで、こもれび通りにもポケモンはいるのか?!
と、ちょっと調べてみましたところ、いましたよ〜!

なんとか上手いこと看板と一緒に撮影出来たのでご報告です!
子供に聞いたところでは、全くレアなポケモンではないらしく、どこにでもいる種類らしいのですが^^;
この他にも、撮影に失敗しましたが、何匹かポケモンがいるようです。

 

しかしものの30分ほどしかやってないし、ゲームのルールもよくわかっていないのですが、何やらこれはすごいなあというのが率直な感想。
ヴァーチャルリアリティというか拡張現実というか、確実に次の時代への扉を開きそうな技術ですね。

年代的にどうしてもこうした新技術には腰が引けてしまいますし、私たちのスタンスは目先の新しい物を追いかけるのではなく、もっとゆったりした時間の流れのなかで豊かさを追求したいなあとは思うのですが、時代の波は次々に押し寄せてくるのでしょうね。
それも人生のひとつの試練かな。

 

などと考えつつ、実際に目の前にある親しい風景とポケモンの取り合わせになんだか思わず笑ってしまいます。

 

 

季節は徐々に、夏の盛りへと向けっています。
こもれび通りでは、セミが鳴き始め、夕暮れの大合唱も楽しめます。
通りの向こうには入道雲が広がり、日没後はは大きな満月も見えます。
なにげない風景の中に、平和があり、豊かさがあります。

ずっとスマホの画面に食い入るのではなく、時々まわりも見渡して、新たな出会いや発見も楽しんでもらえると嬉しいですね^^

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 18:13
comments(0), -
商品追加と100人てるてる

 

【商品更新情報】
ネットショップにオリーブのまな板(穴あきタイプ)を5点追加しました。
 商品ページはこちらです。
http://stradabianca.net/?pid=4470076

 

 

どうやら関東地方も梅雨明けなのかな?
気象庁では7月21日頃となってますね。
というわけで、およそ2ヶ月の間こもれび通りを可愛く見守ってくれた100人てるてるも、そろそろ撤収しようと思います。

 

6月前半は「効果絶大ですね」なんていわれて、水不足ににまでなってしまいちょっと冷や汗でしたが、道行く人びとが歓声をあげたり、写真を撮ったり、てるてる坊主の歌を歌いながら歩いていたり、たくさんの人が楽しんでくれたようです。

 

そういえば昨日、歩きながら携帯を取り出した方が「今、こもれび通りを入ったとこなんだけどさ・・・」なんて話していた声が聞こえました。
国立でも繁華街を少し過ぎた静かな小路の名前も、少しずつ市民に浸透してきているのかな?
なんだか嬉しくなります。

 

そういえば世間ではポケモンGO!が大騒ぎですね。
もしかしたら、こもれび通りにもポケモンが現れるのかな?
ゲームには疎いですが、ちょっと見てみたい気がします。

さて、この土日はさわやかな晴天になりそうです。
ポケモンゲットに・・・じゃなくて、国立散歩にもぜひおでかけください。
お待ちしております。

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 13:51
comments(0), -
オリーブの楕円皿

 

【商品追加情報】


先日入荷した中から、オリーブの楕円皿をネットショップに追加しました。

手作り品ですので毎回ちょっとずつ味わいが異なるのですが、今回入荷したのは通常の1.5倍ほどの厚みがあります。
手に持ってもずっしりといい感触。
オリーブの無垢の塊をくり抜いた、まさにそんな醍醐味を味わえそうです。

 

楕円皿のいいところは、とにかく万能!
アンティパストでもデザートでも、そしてメインディッシュでも、何にでも使える便利さです。
もちろん和風のメニューにも使えます。
オリーブの木の楽しみもいっぱいに詰まった、とても素敵なアイテムですので、ぜひ一枚持っておきたいところです。

 

今回は少量の入荷で4枚しかありません。
気になる方はお早めにチェックしてみてください。

 

オリーブの楕円皿はこちらです。
http://stradabianca.net/?pid=11589466

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 15:34
comments(0), -
オリーブのキッチン用品が入荷しました

 

オリーブのキッチン用品がイタリアから到着。
といっても、今回も足りなかったものだけを少しだけの入荷です。
在庫切れになっていたオリーブのメッツァルーナなどが入荷しています。

 

イギリスのEU離脱を受け、為替相場では円高ユーロ高と騒がれ、対ユーロでのメリットがあるかとおもいきや、実際には運賃も高くなり、実はちょっといろいろな価格も上がってしまいました。
結局今回の支払いも割高感の否めない結果に。
メディアでの報道はあくまで表面的なもので、私達のようなレベルではそういうことで得することなど滅多にあることではありません。

 

EU離脱はおそらくヨーロッパでは日本以上にショッキングな事件でしょうし、それにともない様々な問題も浮上し、経済の先行きに大きな不透明感と不安をかきたてていることと思います。
心配なのはイギリスが、自国の問題を自決するためとはいえ、ユーロの協調路線の理念に対し排外的な態度を示してしまったこと。
そして世界的な流れとして、アメリカでも極度に保守的な意見が人気を博したり、ヨーロッパでも極右政党の意見が以前よりも台頭してきていることです。

 

歴史を見れば明らかなように、文化が花開くのは、様々な文化や価値観が融合し合う時代と環境です。
一方、自らの隣人を他者と断定し、排外的な態度を取れば、自由な空気は萎縮し、理不尽な対立を生み、やがては戦争という最悪の結果を招く事にもなりかねません。


人類の英知は、他者を認め、それぞれが自由であり、リスペクトしあい、理解を深め合うことで高められてきたはず。

それと件の国民投票で、もうひとつ気になるのが世代間で意見に大きく差が出たこと。
若い世代では圧倒的に残留派が多かったのに、結果的には僅差で高年齢層の意見が勝ってしまったようです。
日本でもこれから18歳以上の若い世代が、政治へ自分の意見を反映していく事が可能になりました。
次の世代を担う若い人びとに、夢と希望のある道を示すことも、私たちの大切な役割だと思います。

 

どうかこの世界がより豊かに発展するためにも、多様性を認めあい、寛容な世界を作り出す方向へと向かって欲しいと願うばかりです。

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 17:14
comments(0), -
オリーブのまな板/カッティングボードの修復

 

今回は国立店、開店の頃からお店の前でディスプレイとして置かれていたオリーブのカッティングボードを修復してみました。

このカッティングボードは、とてもユニークなカタチと木目だったのですが、真ん中辺りに大きめの亀裂があり、お客様にはお出しできなかったもの。
かれこれ4年近く、毎日風雨にさらされてきたものです。


一枚目の写真は2年位前の撮影したもの。まだこの頃は少しきれいでしたが、最近はだいぶ汚れてきてしまったので、今回表面をきれいにしてみようと思います。

 

 

こちらの写真が現在の状態。
軒先にありましたので多少の雨風はよけられるとはいえ、やはり野外に放置なのでそれなりに埃やよごれが積もっています。
これを今回はサンダーで表面を削ってみます。

 

 

こちらが削ったあと。
あっという間に表面の黒ずみが取れ、オリーブの木本来の白っぽい姿になりました。
見えなかった木目も蘇りましたね。
サイドの部分は、サンダーでは難しいので、手でサンドペーパーを掛けます。

 

 

仕上げにひまわり油を塗ってみました。
トラ杢など美しい木目がくっきりと浮かび上がりました。
カッティングボードとして刃物などを使ってないので、まるで新品同様です。
これでこころおきなく、これからもお店の前でお客様をお迎え出来ます。

 

こうした修復の作業は実にシンプルです。
やったことはヤスリで表面を削るだけ。
カッティングボードのような広い面積があるものは、サンドペーパーを手でかけるのはちょっと大変かもしれませんので、やはりサンダーのような道具があったほうが便利です。
購入時のツルツルの状態にしたければ、最後により細かい目のサンドペーパーなどで仕上げ磨きをすると、さらに木目も際立ち、手触りも良くなります。
そこまでやるとオリーブのキッチン用品は、ほんとうに新品同様になることもあります。

 

このようにオリーブのキッチン用品は塗装されていない無垢のオリーブの木ですので、表面を削るだけで見た目をリフレッシュすることが出来ます。
削る量はそれほど多くありません。
つまり、表面の汚れなどは、本当に薄皮一枚で、その下には新鮮な状態のオリーブの木があるのです。

キッチンでお使いの場合は、これに包丁傷なども加わりますので、もう少し削る必要がある場合もあります。
また、そのように道具として貫禄の出てきた状態は、長年の歴史の積み重ねという得難いテクスチャをまとっています。
それはとても美しいものですので、必ずしもこうして元の状態にしてしまうことが正しいとも言い切れません。
それでも保管に失敗して黒カビが発生してしまった、あまりに傷つきすぎて使いにくいなどの場合は、思い切って一皮剥くだけで、かなり状況は改善されると思います。

 

プラスチック製品であれば、古びていったものを蘇らせるのはほぼ不可能です。
これはもう、使えば使うほどみすぼらしくなる運命。
でもオリーブのような堅牢な無垢の木は、愛情と工夫次第で様々なリペアが可能です。
そうして何十年もお使いいただいた美しい道具たちが、親から子へ、そして孫の世代までも受け継がれていけば素晴らしいと思います。
一つの道具として、そんな毎日の何気ない日常の暮らしの日々が積み重ねることができるものって、実はそれほど多くないように思います。
数百年の時を生き、キッチン用品となったオリーブの木の物語。そして家族との暮らしの日々。
親子の愛情の物語。
オリーブのキッチン用品はそんな、受け継がれる絆の物語を紡ぎます。


最後に、簡単なリペアは誰でも出来ますが、ちょっと大変だなと感じている方には、ストラーダ・ビアンカではこうしたリペアなども有料にはなりますが、承っております。(当店で購入の方に限ります)
詳しくはこちらをご覧ください。

オリーブのキッチン用品・修復サービス
http://stradabianca.net/?mode=f18
 

author:STRADA BIANCA, category:オリーブの木の雑貨, 17:56
comments(0), -
オリーブのうつわを追加しました

 

【商品追加情報】
ネットショップにオリーブのうつわ 深皿(17cm)4点、ボウル(14cm)3点、小鉢(10cm)3点を追加しました。

オリーブのうつわをご覧いただいたお客様からよくいわれる
「まるでハイジの世界ですね!」
という言葉。
アルプスの美しい景色と、澄んだ青空、そしてハイジの笑顔と一緒に、なんとも楽しく、朗らかなイメージで大好きです。
現代社会の厳しさや、やるせない出来事を忘れさせてくれそうな癒やしのイメージ。
おおらかさ、あどけなく、朗らかでイノセントなイメージ。
そういう感覚、大切ですね。

 

カチャカチャと甲高い音を立てない木の器。
その柔らかでいて、どっしりとした姿に心が癒やされます。

17cmの深皿や14cmのボウルなどは、サラダを盛ったり、シリアルを食べるのにとても便利です。
またパンやお菓子にもぴったりです。
もちろん寒い冬には熱々のスープやシチューにも。

 

無垢の木の器を楽しむ心構えは、なんといってもおおらかであることです。
ウレタンなどの化学的な物質で塗装していない木のうつわは、季節、気温、湿度によって伸縮します。
それにより、時には木目のスキマから水分が漏れることもありますが、それも自然に戻ったりします。
小さな出来事にとらわれず、ゆったりと楽しむ。
そんな気持ちが、木の優しさに触れ、おだやかで平和な日々を作ってくれます。

 

・オリーブのうつわのコーナーはこちらです。
http://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1136348&csid=2

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 17:35
comments(0), -
RSS | ATOM | SEARCH