オリーブのテーブルまな板を更新

 

オリーブのテーブルまな板を更新しました。

こちらは全国250円(ネコポス)で発送できます!


小さなまな板として、ちょっとだけ使いたいときにさっと使えてとっても便利。
そのままお皿としてテーブルの上で使うともっと楽しい小振りなサイズ。お気に入りのお菓子でおやつ、そしてワインのおつまみやデザートにもピッタリです。
樹齢数百年のオリーブの木ならではの複雑で美しい木目は存在感たっぷり。いつもの食卓がぐっとナチュラルな感じに大きく変わります。


イタリア伝統の工房で手作りされたオリーブのカッティングボード。

木目を選んで注文できますので、お気に入りの一枚をお探しください。

 

オリーブのテーブルまな板はこちらです。
https://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1136348&csid=5
 

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 14:42
comments(0), -
ミモザプレゼントしてます

 

暖かくなったり、肌寒感じたり、雨が降ったり、そして一日一日春が色濃くなってきました。
今週末のお天気はどうなのかな?
ミモザの花がまだあるので、今度の土日まで延長して、ご来店のお客様にプレゼントします。
ぜひ、国立へおでかけください〜!

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 14:53
comments(0), -
オリーブの器たちも入荷しています

 

オリーブの器たちも入荷しています!
樹齢数百年のオリーブの木の塊から手仕事でくり抜かれたコロンとした優しい姿に気持ちもほっこりします。
塗装をしていない素朴な木の器は、小さなお子様にも安心してお使いいただけます。早速お孫さんの"お食い初め"に使いたいとご所望のお客様もいらっしゃいました。


毎回、入荷数はそれほど多くないので、木目を選ぶならお早めに!

 

径7cmの小さな器から、径17cmの深皿に、平プレートや平小皿、楕円皿も揃っています。

 

イタリア・トスカーナの素朴な器で春のひとときをお過ごしください。

 

オリーブの器はこちらでご覧いただけます。
https://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1136348&csid=2

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 12:30
comments(0), -
オリーブのキッチン用品が入荷しました!

 

 

オリーブのキッチン用品が入荷しました!


品薄だったオリーブのまな板/カッティングボードも勢揃いしています。
この他にもオリーブのカトラリーやキッチンツールがいろいろ。

今回もユニークな形や美しい木目が揃っています。
ぜひご覧いただき、お気に入りを見つけてください。

 

今回入荷分より、一部商品の価格を改定いたしました。
ご了承ください。

 

オリーブのまな板/カッティングボードはこちらです。
https://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1136348&csid=1

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 14:46
comments(0), -
もうすぐです!

 

気がつけば、早くも2月は今日で終わり。
ぼんやりしていると、いつの間にか過ぎてしまう季節のスピード。
この感じですと、あっという間に桜の季節になりそうです。

 

なので忘れないうちにまとめていくつかお知らせです!


もうすぐオリーブのキッチン用品がイタリアから到着します!

今回も頼んだけど来なかった…ものもありますが、あれもこれも品薄なのでギリギリの入荷。
準備ができ次第、おまたせしているお客様には順次ご連絡を差し上げます。
今回はどんな木目や形になっているのかなあ…、ともかく楽しみです!

 

そしてもうひとつ、暖冬なのでミモザもどんどん咲いてきました。
今年も3月8日(金)の国際女性デーには、国立店にご来店のお客様全員にミモザの花をお配りします。
3/8から一週間くらい配布しようかなと思っていますので、ぜひご来店ください!

 

ととと…、その前に、今週末はカルネヴァーレ・イタリアーノinくにたちです!
3/2・3の土日の二日間、ストラーダ・ビアンカ、アルトパッショの3店舗で、それぞれ異なるイタリア・カーニバル伝統のお菓子を配布します。
ぜひ3店舗回って美味しいおやつをゲットしてください。
そして夜はアルトパッショで「肉よ、さらば!」のディナーを!
フィレンツェ名物、炭火で焼いた巨大な肉の塊「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」を頂きましょう〜!
こちらはまだお席がありますので、ぜひご予約をお願いします!

 

アルトパッショ
TEL:042-505-8312

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 15:38
comments(0), -
来週はいよいよカルネヴァーレ

 

来週はいよいよカルネヴァーレイタリアーノinくにたち!!
3月2・3(土日)の二日間。国立の3店舗でイタリア伝統のカーニバルのお菓子を無料で配布します。お菓子はそれぞれのお店で異なりますので、ぜひ3店舗回って美味しいおやつをゲットしてください。

 

そして3月3日はひなまつり〜ではなく!「肉よ、さらば!」の宴です!
フィレンツェ名物「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」を中心に、楽しい夜を過ごしましょう。

 

「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」とは!
フィレンツェには美味しいものや名物はたくさんありますが、その中でもごちそうとなればやっぱりこれ!
炭火で焼いた厚さ約3cmほどの巨大なTボーンステーキ!
まさに肉の塊です。

 

味付けは極めてシンプル。厳選された塩のみ。そして焼き加減は極めてレアが基本です。
炭火焼きの魔法は、外側をカリッと、中はジューシーに。一口頬張ればまさに肉!肉!の満足感が訪れます。
Tボーンなので片側はサーロイン、もう片側はテンダーロイン(ヒレ)と2つの部位の味も楽しめますが、何しろ巨大なステーキですので、よほどの大食漢でなければとても一人ですべてを食べることは不可能。なのでイタリアでもこればかりはシェアして食べることもよくあります。

 

最近良増えたスタンド式のステーキ店のステーキのようなこってり脂身の効いた味でもなく、日本的には高級な霜降り肉でもない、肉の赤身の旨味をこれでもかというほどにシンプルな味わいでそのままにいただく豪快な料理です。
これをちょっと渋みもあるサンジョベーゼ種から作るフルボディのキアンティワインと一緒に食べる。嗚呼これこそ…!と唸ること間違いなしです。

 

まさにカルネ・ヴァーレ=肉よ、さらば!
もう当分は肉なんて食べなくてもいいや!と心の底から思える一夜になることでしょう。

 

ちなみにアルトパッショでは普段「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」は単品で6,000〜8,000円なので、今回はコース設定なのでかなりお得です。
そしてチェッリーニ語学学校のフランチェスコ先生によるカルネヴァーレやビステッカ・アッラ・フィオレンティーナについての解説もあり、イタリア・フィレンツェ・カルネヴァーレをとことん楽しむことができるでしょう。

 

ご予約はアルトパッショ、または当店でも受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。

 

アルトパッショ
TEL:042-505-8312

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 13:18
comments(0), -
パスタいろいろ入荷

 

パスタいろいろ入荷しました!


いつものLa Fabbrica della Pastaに加えて、久々にDi Martino(ディ マルティーノ)が入荷しました。


Di Martinoはパスタの聖地グラニャーノ産なのに、430円からとLa Fabbrica della Pastaに比べると約半分のちょっとお買い得な価格。
シンプルでクラシックな包装がとてもいい感じです。
味ももちろん伝統的なグラニャーノらしいモッチリ感と小麦の味わい。今回はスパゲッティからショートパスタまでいろいろありますので、さっぱりオイルソースから、ラグーのようなボリュームのあるソースまでいろいろ楽しめそうです。

 

スパゲッティは1.8mmとちょっと珍しい太さ。通常1.7mmが基本ですが、ほんのちょっと太めなので、いつものスパゲッティよりちょっともっちりしたアルデンテが楽しめます。

 

ブカティーニは穴の空いたロングパスタ。アマトリチャーナにはやっぱりこれじゃなくちゃ。ソースの絡みがよく、パスタもしっかりとした歯ごたえなので重めのソースでもバッチリ。でもスープ状の魚介のソースなどと合わせても美味しいです。

 

ショートパスタも他とはちょっと違った個性派揃い。チーズを効かせたクリームソース、ベーシックなトマトソース、寒い日は熱々のミネストラ、どんな一皿にしようか、考えるのも楽しいですね。

 

ご相談いただければ、我が家のレシピもお教えしますよ!
お待ちしております〜!

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 16:04
comments(0), -
カルネヴァーレ イタリアーノ in kunitatichi

 

今年もやります!

カルネヴァーレ・イタリアーノ in Kunitachi!!
去年よりもだいぶ遅くなったのは、カルネヴァーレ=カーニバルの日程は毎年変動するからなんです。
今年のカルネヴァーレの期間は2月28日から3月5日までの一週間。これは移動祝日である復活祭の日から逆算して数えられます。
その年の復活祭の日は、中世ではとても重要な計算であったコンプトゥスという方法を用いるかなり複雑な取り決めによって決定されます。おおまかにいうと「春分の日以降の最初の満月を過ぎたあとの最初の日曜日」ということで、今年はそれがかなり遅いんです。

 

今年のカルネヴァーレ・イタリアーノ in Kunitachiのテーマはずばり「肉よ、さらば!」
イベント最終日の夜に旭通りのイタリアンレスラン「アルトパッショ」で、どーんと巨大なビステッカ・アッラ・フィオレンティーナをみんなで食べましょう!

 

カルネヴァーレは、この後の四旬節という一ヶ月以上続く節制の期間を前に、備蓄してあった食料を食べ尽くす盛大なパーティーの日々のこと。四旬節の間、肉を食べることもできないので、「カルネ(肉)ヴァーレ(別れる)=肉よ、さらば!」というところから名付けられました。日本語では「謝肉祭」といわれています。

カルネヴァーレ・イタリアーノ in Kunitachiでは3月2日(土)、3日(日)の二日間、アルトパッショ、ストラーダ・ビアンカ、ワイルドローズ国立の3店舗で、アルトパッショのシェフが手作りしたイタリアのカーニバルの伝統のお菓子を無料で配布。これはお買い物しなくても行けばもらえます!
カーニバルのお菓子は各地でいろいろなバリエーションがあるので、今年はどのお店で、どんなお菓子がもらえるのかは、行ってみてのお楽しみ。

 

そして最後の夜は「肉よ、さらば!」の饗宴。
フィレンツェ名物、およそ3cmほどの厚さのある炭火焼きのTボーン・ステーキ「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」をみんな堪能しましょう。もう顎も胃もクタクタ、肉なんて当分食べなくてもいいや!となることうけあいです!
トスカーナ、フィレンツェらしいメニューに、キャンティのワインをどーんと用意してお待ちしています。
イタリア語学校チェッリーニのフランチェスコ先生による、カルネヴァーレやビステッカの講演もあるので、イタリアのカルネヴァーレにどっぷり浸かれる一夜になることでしょう!

 

3月2日(土)、3日(日)の二日間は国立へ!
今からスケジュールを調整しておいてくださいね!

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 17:16
comments(0), -
紹介されたメディアのページを作りました

 

だいぶ冬本番の季節になってきましたが、暖冬なのかまだ雪もふらず、寒さも例年ほどには厳しくないように思います。
とはいえ、お客様の来店も少なくなってしまうのがこの季節。
穏やかな冬の日差しが静まり返った店内に降り注いでいます。

 

ようやくというか、今更ですが、ホームページに、これまでお店が雑誌やテレビで紹介された記録をまとめてみました。
滅多に取材なんてされないし、されたからといって自慢するようなことでもないとこれまで作っていなかったのですが、少しでも記録しておかないと自分たちの記憶からも消えてしまいそうなので、思い出せるところだけでもまとめてみました。

 

こんな小さな、細々と続けているお店ですが、不思議なことにお散歩番組でテレビの取材が何度か来てくれました。
なかでも2013年の加山雄三さんの「若大将のゆうゆう散歩」は、未だにお客様から「見ましたよ」「出てましたよね」といわれます。
ほんの数分電波に乗っただけなのに、しかももう5年以上経っているのに、テレビってすごいなあって思います。

 

テレビってコネか何かあって取材にくるの?、撮影当日は台本みたいなのがあるの?って聞かれるんですが、そういうのは一切なく、一応前もってその日に行っていいですか?的な打診はありますが、打ち合わせ的なものは何もなく、当日ほんとに来るのかなあ?と思ってると突然いらっしゃってその場の雰囲気だけで撮影されます。
なので撮影が終わっても、果たしてこんなんで放送されるんだろうか?と思ってしまうほど。
もちろんお金のやり取りなんて一切ありません。

 

一方紙媒体の方は、時々打診はありますが、ほとんどがタイアップ広告というもの。
要するに取材して記事にするからお金を出してくださいというスタイルなので、とてもウチではそんな金額払えません…
逆に言えば、お金さえ出せればいくらでも記事にしてくれるっていう感じです。
気持ち的にはテレビに出るより、素敵な雑誌に紹介される方が嬉しいのですが、なかなかそう上手くはいかないものですね。
時々見かけるお散歩特集の雑誌なんかも紹介されたらいいなあって思うんですけど、毎回見ててもほとんど同じ内容で、どこまで本当に現地で取材しているのかって思ってしまいます。

 

宣伝広告費なんてない小さなお店でも、こうして紹介されて、少しでも多くのお客様とのつながりになってくれるのは嬉しいことです。
でも取材されるにふさわしいお店であるように、きちんと毎日を積み重ねていくことのほうが、今の私達にとっては大事なことのようにも思います。

 

まだまだ、風の冷たい季節が続きます。
でも、冬枯れの景色の中で、命は確実に春に向け育っています。
毎年3月8日の女性の日にお客様にお配りするミモザも花芽を少しずつ膨らませています。
何気なく過ぎていく冬の一日。
それが明日への大事な積み重ねになるようにと、そんな気持ちで過ごしていこうと思います。


紹介されたメディアのページはこちらです。
https://stradabianca.net/?mode=f23
 

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 15:26
comments(0), -
本日から2019年の営業を開始

 

 

ネットショップのオリーブのまな板/カッティングボードと穴あきタイプを更新しました。

 

本日から2019年の営業を開始しています。
年末から寒波が来るという予報でしたが、東京は晴天の続く穏やかな日々でした。
日本海側や関西では雪、熊本では地震もあったようで、今年もまた自然の大きな力を実感する一年となるのでしょうか。
大きな災害のない、幸せな年になるよう願うばかりです。

 

私達の仕事はオリーブをお届けすること。
こんな時代だからこそ、平和と繁栄の象徴オリーブが必要。
なにかと心ざわめくことの多い時代。大地に根ざし、様々な歴史に翻弄されながらも数百年の時を刻んだオリーブたち。
その力を借りて、少しでも世の中が平和になることを願いながら、今年もオリーブとともにこの一年を過ごしていこうと思います。

 

オリーブのまな板/カッティングボードのコーナー
http://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1136348&csid=1

 

オリーブの穴あきまな板のコーナー
http://stradabianca.net/?pid=4470076

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 17:27
comments(0), -
RSS | ATOM | SEARCH