オリーブのまな板を追加しました

 

ネットショップにオリーブのまな板/カッティングボード(大)5点、(中)4点、(小)5点を追加しました。
今日は雨。あの火照った空気はすでに彼方に、日に日に秋が深まっていくのが感じられます。
大学通りの桜並木も真夏の緑から少し秋色に変わってきました。

 

季節の変わり目は、なんとなく、そしていつの間にか過ぎていきます。
人間は忘れやすい生き物。それは辛いことを乗り越えるためにも大切な要素ですが、次の困難に向けて忘れてはいけないものもあるように思います。


大きな災害があると、ついニュースにも敏感になってしまいますが、この国も含め、今世界中で様々なきしみが見えてくるように思います。〇〇ファーストという自分に都合の良い意見は、ある種の快感もあるのでしょうが、どうしても自分勝手な印象は拭えません。人の営みは、自分だけが幸せになることで平和を築くことはできないもの。自分が幸せであるためには、他人もまた幸せであるべきで、そうでなければ本当の平和は訪れないものです。意見や価値観の違う者同士であっても尊重しあい、お互いを認め合う寛容さがなければ、社会はギスギスして、そこかしこに対立を生み出してしまいます。

きっと多くの人々がこの数年、自分達の未来が平和で幸せなものになっていかないかもしれないという変化を不安とともに感じているのではないでしょうか。その底知れない不安が増幅する不寛容さ。いつの間にか世界にそんな空気が蔓延している。そんな気がします。

 

うつろう季節のように、私たちの暮らしも、社会も、世界も刻々と変化していきます。
オリーブは平和と反映の象徴、その温かなぬくもりが安らぎと幸せをもたらしてくれるように、次の変化が、人々に優しい微笑みを与えてくれるものになるように願うばかりです。


オリーブのまな板/カッティングボード
http://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1136348&csid=1

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 12:03
comments(0), -
ハリネズミのお話

 

ストラーダ・ビアンカのマークはハリネズミです。最近ではすっかり人気ものになったハリネズミですが、開店した11年前はまだそれほど多くの人が知る動物でもなかったように思うのですが、今ではすっかりポピュラーになって、ペットショップでも売っていますし、ネットの癒やし動物にも盛んに登場します。
私達がハリネズミをマークにしたのは、トスカーナではハリネズミは田舎を象徴する生き物のひとつだったからです。
ストラーダ・ビアンカ(白い道)がトスカーナの表現で「田舎道」を指すように、私達の愛するトスカーナのイメージにぴったりと思い、お店のマスコットになったわけです。

人知れず山奥に住む生き物というよりは、ちょっと田舎、のどかな田園にも生息しているのでそんなイメージを持たれたのかなと思います。英語名のHedgehog=ヘッジホッグは直訳すると「生け垣のブタ」、およそブタには見えないとは思うのですが、民家の近く、生け垣の下などに住んでいたのでそんな名前になったようです。ちなみにイタリア語ではRiccio=リッチョといいます。これも可愛い呼び名ですよね。

 


現在日本に輸入されているハリネズミはヨツユビハリネズミというアフリカ原産の種類がほとんどのようです。なのでネットに出てくるほとんどのハリネズミは白いホワッとした顔と胴体に小さな手足、そして黒い瞳の愛くるしい姿です。それに比べるとヨーロッパのハリネズミはもう少し茶色くて、表情もキリッと引き締まっています。ストラーダ・ビアンカのマークはこのヨーロッパハリネズミがモデルなので茶色く鼻筋もスッキリとしています。
でも可愛さではヨツユビハリネズミのほうが圧倒的に可愛いです。

 

 

そんな可愛いハリネズミ、ペットして飼う方も多いようですが、どうもそれはちょっと自信が持てないので敬遠してしまいますが、身近にいたら楽しいだろうなあと思っています。
なんて思っていたら、最近お店の中に人知れず住み着いてしまったようなんです・・・!

「お?!」と思ったら、ぜひ国立店に来て探してみてください。オリーブのまな板の影やお皿の後ろに潜んでいることも多いようです。時々、商品の上にちゃっかり乗っていることもあります。ハリハリしてますが、攻撃性はまるでなく、とてもおとなしい生き物です。本来ハリネズミは夜行性なのですが、どうもこの子達は人を恐れないというか、むしろ甘えん坊のようで、日中でも自分から遊んでーとばかりに出てくることもあります。そんなときはぜひ手に乗せてナデナデしてください。つぶらな瞳であなたをじっと見つめ返してくれますよ。

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 17:06
comments(0), -
メッツァルーナの使い方

 

サマーセール開催中!
今なら送料無料で購入できる当店の人気アイテム「メッツァルーナ」の使い方をご紹介します。


ベニシアさんが使っている道具ですよね?ハーブを切るもの?興味はあるけど、実際使ってみたらどうなんだろう?
そんな疑問を持っている方も多いでしょう。
今回は実際に切っている動画も交えて、なぜこのイタリア伝統の調理道具が今もシェフやハーブ研究家に愛されているのか、その秘密をご紹介します。

 

連載企画「ストラーダ・ビアンカのオリーブな日々」
【メッツァルーナの使い方

http://stradabianca2.blogspot.com/2018/08/blog-post.html

 

国立のトスカーナ料理のレストラン「アルトパッショ」の吾妻シェフに教えてもらった「レモン入りハーブ塩」、そして最近人気のあるチョップドサラダを作ってみます。
ハーブ塩は一度作るといろいろな料理に使えて、美味しくしてくれるスグレモノ。(きっと吾妻シェフが作るともう一味違うのかなと思いますが…)日持ちもするので、一度作っておくとしばらく楽しめます。

 

チョップドサラダはこの暑い夏にもぴったりです。
新鮮な夏野菜をムシャムシャと豪快に、美味しく、そしてたっぷりといただけます。暑さに疲れた体に思い切りビタミンやミネラルを補給してください。

 

どちらも簡単ですが、材料とレシピもご紹介しています。

ぜひご覧ください。

author:STRADA BIANCA, category:オリーブの木の雑貨, 13:44
comments(0), -
サマーセール開催中!<盛夏 お買い得ギフトセット>も販売開始です!

 

5,400円以上で送料無料!サマーセール開催中です!
そして<盛夏 お買い得ギフトセット>も販売開始です!
セットは2つ!どちらも限定10セットのみです!

 

 

【Aセット 夏のお得キッチンセット 限定10セット】

 

オリーブのまな板小(5,400円)+調理用かき混ぜスプーン(2,160円)のセットとなります。


・定価7,560円のところ 6,480円(税込) 1,080円お得
・さらに今なら送料無料!
・まな板の木目はおまかせとなります。
・ギフトラッピングでお届けします。(茶色の不織布)
http://stradabianca.net/?pid=134350816


【Bセット サマー・オリーブ・ギフト 限定10セット】

 

オリーブのミニまな板(3,810円)+オリーブオイル250ml(2,580円)のセットとなります。


・定価6,390円のところ 4,980円(税込) 1,410円お得
・まな板の木目はおまかせとなります。
・ギフトラッピングでお届けします。(茶色の不織布)
http://stradabianca.net/?pid=134350281

 

ぜひこの機会にオリーブの楽しさ、そして美味しさを満喫してください。

こちらの商品は実店舗でも販売いたします。
期間限定の特別セットとなりますので、売り切れの際はご容赦ください。

 


 

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 13:06
comments(0), -
お盆も通常営業です

 

暑い、暑いといいながら8月も半ば。
そろそろ夏休みという方も多い頃でしょうか。
ストラーダ・ビアンカはこの期間も通常通り営業しております。


ちょっと時間の空いた日に、国立のお散歩のついでに、こもれび通りのセミたちの大合唱を聞きにいらしてください。
お待ちしております〜。

 

写真は最近ぺんぎん店長がはまっている羊毛フェルト人形〜(^^)/

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 11:08
comments(0), -
夏を乗り切るレシピ第二弾

 

暑さが少し落ち着いたと思ったら台風が来るようですね。
コースの予想がいろいろ出てきていますが、豪雨被災地へも向かいそうなのが心配です。

 

この夏を乗り切るレシピ第二弾
イタリアにはない冷たいパスタです。

日本人にとって夏は冷たい麺の出番ですが、イタリアにはそういう習慣はあまりなく、冷製パスタといえるレシピはそう多くありません。
真夏でもバールではエスプレッソですしね。
それでも日本人の冷たい麺への愛とイタリアの料理文化がミックスして、冷製パスタも少しずつ生まれてきているそうです。

今回は当店での取り扱っているグラニャーノ産のラ・ファッブリカ・デッラ・パスタの「リッチョーリ・アル・リモーネ」を使っています。
このレモン風味のパスタは夏には絶対オススメ!
是非試してみてください。

 

 

<材料(3人分)>
ラ・ファッブリカ・デッラ・パスタの「リッチョーリ・アル・リモーネ」 240g
パプリカ 大きめのもの 赤、黄各1個
ツナ缶 1
黒オリーブ 12粒ぐらい 
イタリアンパセリ 1枝 
バルサミコ酢
EXVオリーブオイル

黒胡椒

 

 

<作り方>
1. パプリカはまるごと網焼きする。表面の皮が黒くなったらボウルに入れてラップをしてしばらく置き、粗熱がとれたら皮をむく。パプリカの汁も捨てずにとっておく。柄と種を取り、縦に細長く裂いてから食べやすい大きさに切る。
2. ツナは油を切り適当な大きさにほぐす。黒オリーブは半分に切る。
3. ボウルにパプリカと汁、ツナ、オリーブ、ちぎったイタリアンパセリをいれ、塩、こしょう、バルサミコ酢、EXVオリーブオイルを入れて良く和え、冷蔵庫に入れて味をなじませておく。
4. たっぷりの沸騰したお湯に塩を入れ、パスタをアルデンテに茹でる。茹で上がったら湯を切り、ボウルに入れてオリーブオイルをかけておく。
5. パスタの粗熱がとれたら3で作っておいた具材を合わせる。
6. 器に盛りイタリアンパセリを飾る。追加のEXV オリーブオイルを回しかける。

 

ラ・ファッブリカ・デッラ・パスタの「リッチョーリ・アル・リモーネ」はこちらからも購入できます。
http://stradabianca.net/?pid=107251040

author:STRADA BIANCA, category:オリーブオイルを使った簡単レシピ, 12:29
comments(0), -
夏を乗り切るレシピ パンツァネッラ

 

暑い日が続きます。
毎日全国から熱中症の深刻な報道もあります。
暑い、暑いとはいいながらも、今のこの時期をどう乗り切るのか。

イタリアも季節は日本と同じように四季があり、やはり夏は暑いです。
そんな夏の暑い国の料理には、夏らしい工夫もたくさんあります。
実は昨年も紹介したのですが、この暑さを乗り切るためにもう一度〜!

 

まずはトスカーナの夏の料理といえばコレ。
「パンツァネッラ-PANZANELLA」

 

固くなったトスカーナパンで作るのですが、バゲットでもできます。(若干見た目は変わりますが…)
新鮮な夏野菜のエネルギーと、オリーブオイルの栄養が夏の体調を整えます。
とっても簡単な料理ですので、是非試してみてください。

 

<レシピ(3人分)>
材料
固くなったトスカーナパン(固くなったバゲットで代用可)約300g
トマト(熟したもの)3個
紫玉ねぎ 1個
きゅうり 1本
バジル 1枝
赤ワインビネガー 大さじ2〜3 
EXVオリーブオイル 適量(たっぷり目が美味しいです)
塩 適量

 

<作り方>
1.トスカーナパンをスライスして、パッドなどに入れひたひたの水に漬ける。パンが水気を含んだら、両手に挟んでで水を絞ってから一口大にちぎる。ボウルに入れて水気を乾かす。
2.きゅうりと紫玉ねぎを薄くスライスする。紫玉ねぎの辛さが気になる場合は、しばらく水にさらしておきますが、この辛味がパンと合わさると絶妙ですのでさらし過ぎに注意。今回はそのまま使いました。
   トマトは食べやすい大きさに切る。トマトとバジルは飾り用に少し取っておく。
3.パンと切った野菜を合わせ、ちぎったバジルを入れる。塩ふたつまみととオリーブオイルを入れて、手でやさしく和える。ラップをして食べる直前まで冷蔵庫で冷やす。
4.仕上げにワインビネガー、追加のオリーブオイルをかける。取っておいたバジルとトマトをトッピングする。

author:STRADA BIANCA, category:オリーブオイルを使った簡単レシピ, 15:51
comments(0), -
オリーブのまな板を追加しました

 

 

ネットショップにオリーブのまな板/カッティングボード(大)4点、(中)4点、(小)2点を追加しました。

大雨や台風の地域もあるとのこと。日本中で様々に厳しい天候の季節です。


そんな中、例年より早い梅雨明けの東京。
今日も太陽がギラリと輝くカンペキな夏日。
暑いです…

 

このところなんだか気持ちがしゃきっと晴れない。
照りつける太陽が眩しい…
一日中眠気が取れない…
なんとなく胸の奥につかえたようなモヤモヤが晴れない。

 

きっとたくさんの方が、そんな症状を感じているのではないでしょうか?

 

でも、それは天気のせいではありません…

そして今夜こそ、そんなモヤモヤを解消する大事な一日です。

 

「この試合がしたかったんだ!」

 

この4年間、厳しい予選やプレッシャーのなか、痛い思いも、辛い思いも、悲しい思いも、ポーランド戦の最後10分のパス回しも乗り越えて、ようやくたどり着いたこの一戦。

 

そんな選手たちの雄叫びが聞こえる清々しい戦いを期待しましょう!

 

そして明日は眠い目をこすりながら、また真夏の太陽に晴れやかに立ち向かって行きましょう〜

 

オリーブのまな板/カッティングボードのコーナーはこちらです。
http://stradabianca.net/?mode=cate&cbid=1136348&csid=1

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 15:58
comments(0), -
ネコポスの梱包について

 

先日から始めたネコポス。その梱包の様子をご紹介。一部商品を全国一律250円でお届けします。

 


ネコポスには、大きさはA4サイズまで、厚さが2.5cmまでという制限があります。
ストラーダ・ビアンカではこの大きさのダンボール箱に商品を入れて発送します。
厚みの制限があるので、緩衝材は商品によりやや簡易化されますが、基本的な内容は同じです。
一つひとつの商品を検品の上、手作業で丁寧に梱包し発送しています。

 

 

アマゾンなどで買い物をすると、商品にお金を払って届けてもらう、間にあるのは無機質なシステムだけ。そんな気持ちになることもあります。
確かに安く便利に商品を手に入れるだけならそれで充分なのかもしれません。
でも、お店から、そして人からものを買うという、人と人が織りなす社会の繋がりを考えると、なんかちょっと寂しい気もしてしまいます。
ストラーダ・ビアンカはネットショップもありますが、東京郊外の路地にある小さな個人商店です。
配送センターどころか、配送専属のスタッフもいません。
だからこそ、私達のお店の商品を気に入って買ってくださるお客様に、このお店で、この品物を買ってよかったと思っていただけるよう心がけたいと思っています。

 

大きさ制限があるので、残念ながらすべての商品をネコポスで発送することはできませんが、お得な配送料金で、お気軽にオリーブの品々をお楽しみください。

author:STRADA BIANCA, category:ショップからのお知らせ, 15:02
comments(0), -
今度の週末はオリーブマーケット!

 

今度の週末はオリーブマーケット!
美味しいものや、すてきなものがやってきます〜

 

天気予報は傘マークがちらついて離れないけど、100人てるてるの力でなんとかなるはず!
晴れてソーラークッカーもできるといいな〜

 

23日の土曜日、15時位からストラーダ・ビアンカでも簡単トスカーナ料理教室をやります。
トスカーナの夏の定番メニュー「パンツァネッラ」を作ります。
先日これに使う予定のトスカーナパンを焼きました。
パンとして食べるならもちろん焼きたてが美味しいのですが、パンツァネッラは少し硬くなったパンを使います。つまり余り物の固くなったパンを有効利用して美味しく食べちゃおう!という、トスカーナ人らしい昔からの知恵なんです。
夏だったらパンツァネッラ、冬だったら温かいリボッリータそんな感じで余ったパンを使うレシピがいろいろあるんです。
パンツァネッラは冷たい料理なので、真夏の食欲が落ちたときにも爽やかに美味しくいただける一品ですので、これからの季節にはぜひ!

国立店には厨房施設はないので、できることは限られてしまうのですが、見ていただければきっとこんな感じなんだってわかっていただけるかな。
もちろん出来上がったらヴェローニ農場のオリーブオイルをかけてみなさんで試食しましょう!

 

食べ物系でいうと、やっぱり今回は夏をイメージしたものが多く並びそうです。
アルトパッショさんも夏野菜のピクルスなどアンティパスト・ミストを準備してるとか、ラ・ヴィータさんはレモン味のクッキーを焼いてるとか、中野農園さんは夏野菜をたっぷり用意しているとか、この季節を満喫できそうです。

 

カフェ・れらさんには梅蛍 by 前中理映子さんの梅ゼリーや梅シロップが並びます。この梅シロップ、私達もいただきましたが絶品の爽やかさです。高品質な梅から丁寧に手作りしたシロップは、夏の疲れた体を優しく回復してくれそう。ぜひおすすめです。
もちろんカフェ・れらさんのスープカリーも北海道美瑛 藤原農園さんのアスパラL or LLサイズを使った特別メニュー「アスパラと7色野菜のスープカリー」が用意されてますので、週末のランチはここで決まりですね!

 

個人的にはウクレレ好き、キヨシロー好きにはたまらない夢野瑞穂さんのライブ(日曜16時から)も楽しみです!

 

「晴れたらいいね!三軒長屋のてるてるオリーブマーケット」てるてるのちからで雨雲を追い払ってほしいな!
でも、ちょっとくらい雨が降っても木漏れ日通りに来てくださいね!
作り手、アーティストもいますので、マーケットは出会いの場でもあります。
天気に負けないで、二日間を思い切り楽しく過ごしましょう〜

author:STRADA BIANCA, category:ストラーダ・ビアンカ 国立店, 13:54
comments(0), -
RSS | ATOM | SEARCH